お気に入り記事
移転しました。
柴犬速報はこちらに移転しました。

http://shibasoku.livedoor.biz/

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←面白いと思ったらクリックお願いいたします。
はてなブックマーク - スポンサーサイト [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

守護霊「辞めさせていただきます」 はてなブックマーク - 守護霊「辞めさせていただきます」



1 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/10(水) 22:35:18.55 ID:zXdUt6r2O
男「え…え?あんた誰?なんでベッドの中に女の子が…?」

守護霊「おっと、見つかってしまった。」

男「ちょ…夢?夢なの?なにこれ君だれ。」
守護霊「私はお前の守護霊…だがもう関係ない。私はお前のもとを…去る。」

男「……夢か。寝なおそ。」

守護霊「~~~ばかっ知らないっ」



11 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/10(水) 23:36:35.98 ID:qg9eu57KO
良スレの予感



2 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/10(水) 22:45:42.89 ID:zXdUt6r2O
男姉「おい!起きろ。朝だよ。」

男「あ~なんか変な夢見た…おはよ姉貴」

男姉「おはよ。早く支度しなよ!女ちゃん待たせちゃダメだよ!」
男「わかってるって!」
ピンポーン

男姉「あ!女ちゃんじゃない?ほらいそいで!」

男「はええよ!つ~ちょっと待ってて!!!」




守護霊「…………」



3 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/10(水) 22:51:15.43 ID:zXdUt6r2O
男姉「ごめんね~女ちゃん!今馬鹿男がいそいで準備してるから。」

女「いえ…私が早く来すぎちゃったんです…」

男姉「そんなことないよ!それどころか…女ちゃんが彼女になってくれてから男遅刻しなくなって助かるわ!」
女「それは…えへへ」
男「女ちゃん!またせてごめんね…っあれうわあああああああっ」

女「…!」

男姉「あんた!大丈夫!?」

男「いってえ…こんな派手に階段から落ちるの何年ぶりかな…はははは」


守護霊「…………」





5 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/10(水) 22:56:52.01 ID:zXdUt6r2O
女「お…男くん…大丈夫?」

男「うん…あっ待たせて本当ごめんね!行こ!」

男姉「行きの道中も気をつけてよ!」

男「おう!じゃあな!いってきま~す。」

守護霊「………」



男母「………男、階段で転んだのかい?」

男姉「そうなの!馬鹿よね」

男母「…おかしいわねえ、あの子が転ぶなんてねえ」



6 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/10(水) 23:05:45.92 ID:zXdUt6r2O
女「そろそろ学園祭だよね~男くんのクラスは何やるの?」

男「劇!」

女「なんの?」

男「美女と野獣だよ」
女「へえ!男くんは何をするの?」

男「俺はもちろん裏方だよ~女ちゃんは?」
女「あはは!うちはね~おばけやしき!」

男「へえ…女ちゃんがおばけ役?可愛いだろうなあ…」

女「ええ~!私だって怖いよ!うらめしや~って」

男「きゃ~可愛い!」
守護霊「うらめしやあ……」

男「………?」

女「もう~やだ男くんたら!…男くん?どうしたの…?」

男「ううん、なんでもないよ……」



7 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/10(水) 23:15:10.18 ID:zXdUt6r2O
女「…変な男くん。」
男「え!ごめんね」

女「いーよ、男くんが変なのは今に始まったことじゃないもん。」
男「なんだよそれ…ははは。」

女「……でもそこも好きだよ。」

男「…(ドキッ!!!)」

ドガッ

おばさん「君!大丈夫!?ごめんね!ベランダの鉢が落ちちゃって…」

女「男くん!!!大丈夫!?」

男「あ~~~もうちょっとで頭直撃だったよ……でも…大丈夫あたってない。」

女「良かったあ」


守護霊「……………いつもの癖で守ってしまった…」




8 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/10(水) 23:24:15.78 ID:zXdUt6r2O
男友「お~い男~!おはよっ朝から熱いね~」

友「いいだろ~」

男友「本当に…女ちゃん男のどこが良かっの?」

女「う~ん…どこだろね?」

友「えええ?!」

女「でも…すごーく惹かれたの!それは確かだよ。」

友「な、なんだよそれ…」

男友「お前みたいなやつが女ちゃんと付き合えるだけで幸せなんだよ!女ちゃん!こいつがなにかしたら俺のとこおいでよ。」

男「なっ」

女「ありがとうーでもやっぱり私は男くんしか考えられないよ…」
男「女ちゃん…!!」
男友「憎いねえっこの」
ばしっ

男「うわああっ」

ドスん

男友「わりい…そんなつよく叩いたつもりじゃ…」

友「いたたた…」

守護霊「……我慢我慢。助けない助けない。」



9 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/10(水) 23:29:53.25 ID:zXdUt6r2O
女「今日は男くん朝から災難ね…もうすぐ学校つくけど…私なんだか心配よ…」

男「うええ!女ちゃん心配しなくていいよ!こんな日もあるから!」

野球部「ボール行ったぞー」

男「え?」

ガコッ

女「男くん!しっかりして男くん…ーー」

男友「男!おい男……ー」


守護霊「うっ、ううっ…我慢…が、まん…」



10 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/10(水) 23:34:59.32 ID:zXdUt6r2O
守護霊「…お前が悪いのだ…お前が…ー…ーーーー」


男「うわあ……」

女「あっ気がついた!」

男「俺…」

女「野球部のボールが男くんに直撃したんだよ…男くん倒れちゃうから…私…私」

男「ごめんね!ありがとう」

女「ここまでは男友くんが運ぶの手伝ってくれたからお礼言ってね!じゃあ私教室行くね…?」

男「うん…俺は…少し休んでから行くよ」




12 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/10(水) 23:41:52.12 ID:zXdUt6r2O
女「わかった。じゃあ気をつけてね。」

男「ありがとう。じゃあね。…はああ。本当俺どうしたのかな。」
守護霊「私がいないからだよ。」

男「うわあ!お前いつの間に。ベッドの上から退けよ!!」

守護霊「……う、うらめしや」

男「こわっ…!!」

守護霊「…………可愛くないのか。」
13 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/10(水) 23:51:41.32 ID:zXdUt6r2O
男「は!?」

守護霊「なんでもない……。」

男「というかお前夢にでてきたお化けだよな?」

守護霊「お化けじゃないぞ!!守護霊だ!」
男「……あっ!なんだつまりこりゃまた夢かよ…はあー寝よ」


守護霊「~~っ起きてっ!!夢じゃないよっ」

俺「すぅ…………」


守護霊「おっと、あたり前だが私は物に触れない……実体がないから…しかし………くらえ」

バキッ

男「うはっ…!!か…花瓶がベッド柵に…」

守護霊「起きたか…ふん、いかなる物も操ることは出来るのだ。」



14 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/11(木) 00:00:41.39 ID:IeAKwYy1O
男「まさか本当に現実?いやいやいや…」


守護霊「もう…いい加減私の存在くらい…認めてよ…」

男「ねえお前現実なら先生呼ぶよ?」

守護霊「ふ、ふん…呼ぶがいい。お前にしか私は見えぬ。」

ガラガラ

男「あっ先生!」

保健教師「男くん気がついたのね。さっきは大変だったわね…?」

男「(あれ…本当に見えてない…?)」



15 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 00:06:10.23 ID:IeAKwYy1O
保健教師「うふふ…ねえ?もう痛くない?氷枕変える…?」


男「う…うわあ…やめて下さいよ先生…撫でなくていいです。(先生って本当綺麗だよなあ)」

保健教師「……あら、頭なんか撫でられても嬉しくない…?男の子だもんね?やっぱりこっちかしら?」

男「ひぃっ…」

守護霊「!!!!!」




16 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/11(木) 00:11:23.90 ID:IeAKwYy1O
保健教師「ふふふ…」
男「ちょっと!先生やめて下さい!」

守護霊「………なんたる破廉恥!!」


保健教師「きゃっ…ぼ、墨汁!?」

守護霊「…くらえ墨汁ビームじゃ」

男「お…おいやめろよやり過ぎ…!」

保健教師「な、なによこれ…どこから墨汁が…?ちょっ…きゃああああ」

ガラガラ


守護霊「ふん…悪霊退散だ。」



18 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 00:15:28.62 ID:IeAKwYy1O
男「いやいや!お前が悪霊だろ!!」

守護霊「…!!」

男「な、なんだよ……」

守護霊「私…私は悪霊なんかになりたく…なりたくな、いよ…」

男「わわわ泣くな泣くな!?」

守護霊「………おっと、霊は泣かぬ。」

男「なんなんだお前。」

守護霊「守護霊だ。」




19 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 00:24:38.80 ID:IeAKwYy1O
男「…いや、お前がさ、人間じゃないことはよくわかった。」

守護霊「やっと信じたか。」

男「うん。信じるしかないよね。でもなんで俺につきまとうの……?」

守護霊「つきまとうとは無礼な…私はお前がずっとそばにいてお前を守ってきたというに…」

男「へ、へえ…?なんでまた急に見えるようになったんだ…?ずっとっていったって…今まで気づかなかった…」



21 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 00:32:37.46 ID:IeAKwYy1O
守護霊「昨日の夜、覚えてない…?」

男「昨日の夜…?」

守護霊「そうだ。私はなんと言っていた?」
男「ええと…お前のもとを去る…か?」

守護霊「よくできました!」

男「いや!去ってねえじゃん!」

守護霊「………でも助けておらぬ。だから階段から落ちたり保健室にくるハメになったのだ。」

男「見てて助けてくれないのかよ!!」

守護霊「戻ってきて欲しい?」

男「そりゃ……」

守護霊「だったら…条件がある。

女と別れろ。」



22 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 00:41:38.66 ID:IeAKwYy1O
男「嫌だ。」

守護霊「別れなければもっと酷い目に会っても助けてやらぬぞ。」
男「嫌だね。酷い目に会っても女ちゃんと別れるのだけは嫌だ。」
守護霊「!!…本当にそれで良いのか…?自分よりあの女が大切か?」

男「そうだな…。どんな理由か知らないが女ちゃんと別れるなら死んだ方がましだ。」

守護霊「!!………別れて…お前が傷つくのだぞ…?」

男「女ちゃんが大切だ。」

守護霊「………うらめしやぁ…うらめしやぁ」



23 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/11(木) 00:47:24.50 ID:aDTw6kzdO
わくてかage



24 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 00:50:52.07 ID:IeAKwYy1O
男「はっ、はっ、なんだったんだ…早くこんなとこ出よう…。」

ガラガラ

男友「男っ大丈夫だったか!?」

男「ああ、ありがとう大丈夫だよ。」

男友「馬鹿!女ちゃんがだよ!」

男「は?」

男友「保健室に二人きりなんて!」

男「ああ…女ちゃんとは二人きりじゃなかったよ。先教室戻ってた。」

男友「女ちゃんとはって…まさかあのグラマーな保健教師と…?」
男「ばーか勝手に言ってろ。そんないいもんじゃねえよ。」

生徒1「あっ男!足下雑巾!」

男「えっ?」

ずってーん

男友「男ー!?大丈夫か!!」

男「くっくっくっ…やってやんよ!やってやんよ!来いよ守護霊の馬鹿やろう!!!」

生徒2「男!そこ画ビョウ落ちてる!」

男「ぎゃーーー」



25 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 01:01:40.82 ID:IeAKwYy1O
男友「今日のお前って本当ついてないよな!」

男「俺は負けん。絶対負けん。」

委員長女「で…美女と野獣の劇なんですが…野獣役の委員長男が生徒会の当番で出られないので救急裏方さんの中から選びます。」

男友「うえー俺絶対やだ!」

男「俺もー…はっ!?」

守護霊「ふっふっふ」
『どんな物も操ることは出来るのだ』

男「ぞわー」

委員長女「くじで決めまーす。はい、男くんでーすに」

男「うう…」



26 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/11(木) 01:07:25.14 ID:w2wUcNcr0
良スレの予感

がんばれ



27 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 01:08:17.37 ID:y5jCgOppO
(0゜・∀・)wktk



28 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/11(木) 01:08:48.96 ID:IeAKwYy1O
男友「ぎゃははは本当ついてないよな!」

友「守護霊の馬鹿やろうー!」

守護霊(イラッ)

男友「本当!お前の守護霊家でしたんじゃね?ぎゃははは」

男「あー!もう!腹減ったよ!ご飯だ!ご飯!」

委員長女「男くん!これが台本よ。しっかり覚えて来てね。あっ」

ドン…ぐちゃ…


委員長女「あっ!!ごめんお弁当にぶつかっちゃった…!!どうしよっ…ごめんお金払うからなんか購買部で…」

男「…………ははははは」








31 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 01:20:23.96 ID:IeAKwYy1O
男「いや、いいですよ。気にしないでください。本当。ほらお金ちゃんとあるから。」

委員長女「ごめんね…本当…気持ちだから…使って!!」

男「いやいいですって!」

女「男くん!!」

男「あっ!女ちゃん!」

女「お昼食べた…?」
男「ううん…まだだよ?」

女「あのね…今日男くんのお弁当も作ってきたの…一緒に食べてくれる?」

男「女ちゃん!!!」
委員長女「すごい!女ちゃんナイスだね!実は私男くんのお弁当ぶちまけて…」

女「え!そうなんだ…」

男友「良かったなあ!女ちゃんに癒してもらえ男!」

男「おう…おう…!ありがとう女ちゃん!俺女ちゃんさえいれば幸せだよ…!」


守護霊「…………」





34 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 01:33:00.35 ID:IeAKwYy1O
女「屋上で二人きりなんて青春だねー。」

男「そうだね!」

女「がっついちゃって…男くんよっぽどお腹すいてたんだね!」

男「違うよー女ちゃんの料理が美味いんだよー。」

女「……男くん、ご飯ついてる…。」

男「え…?」

女「とってあげるね」
男「あ………女ちゃん…(はっ!!視線を感じる!!)」

守護霊「~~~うっうっ~!!」

男「女ちゃん危ない!!」

女「きゃー!男くん背中が墨汁まみれだよ!」

守護霊「ちっ……」



36 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 01:42:15.69 ID:IeAKwYy1O
女「ど…どうして墨汁が…?」

男「うーん墨汁塗り立てだったのかなあ…?」

女「気味悪いね…」

男「これ洗わないとなあ…」

女「水道行く?」

男「いや…もう昼休み終わるし。女ちゃんは戻ってて!俺いそいで流してくるから大丈夫。」

女「でも…」

男「いいからいいから!」

女「うん。」

男「じゃあ…ありがとうねお弁当美味しかったよ…。」

女「……うん良かった。じゃあまたね!」

男「またね!


はあ……おい、いるんだろ守護霊!」





37 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 01:49:12.89 ID:IeAKwYy1O
守護霊「……ごめんなさい」

男「え…?」

守護霊「お前の制服をこの様にするつもりはなかった。ごめんなさい。」

男「…ああ…うん。」
守護霊「女の顔を狙ったのだがな!」

男「一緒でも許した俺のアホ!」

守護霊「……制服を貸せ。綺麗にする。」

男「嫌だ!信用できん!」

守護霊「…私はお前を傷つけないよ。絶対に…安心して?」

男「………」




39 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 01:59:46.08 ID:IeAKwYy1O
守護霊「こんなに汚しちゃって、ごめんね。はあっ………」

男「………!すごい!制服が綺麗になっていく。」

守護霊「これで良いな?」

男「ありがとう。」

守護霊「………!」

男「どうした?」

守護霊「礼はいらぬ。私が汚したんだから………当然の事だ。……それに私はお前の守護霊だからな。」

男「………何だって?ああ!やべっ授業いかなきゃ!」

守護霊「~~~階段から落ちろ!!」

男「うわーーー!?」



40 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/11(木) 02:00:57.18 ID:IeAKwYy1O
す…睡魔が…ちょっと寝ますごめんなさい。



41 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/11(木) 08:55:37.62 ID:IeAKwYy1O
男「あーいってえ!!!」

守護霊「どうだ!お前は今まで痛い目にあうことが少なかったから打たれ弱いのだ。」

男「……確かに。俺あんまり大怪我したことないわ。」

守護霊「私がいかにお前を大切にしてきたかが分かるだろ。」

男「別に…余計なお世話だよっ。これくらい、どうってことない…!」

守護霊「そんなことを言っているのも今のうちだ。早く女と別れろ。」

男「嫌だ!!!だいたいなんで別れなくちゃんだめなんだ。」

守護霊「そ、それは…………」



42 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 08:59:45.61 ID:IeAKwYy1O
守護霊「………言えない…。」

男「はい?え、こんなに振り回しといて理由は言えない?そんなのおかしいよな?」

守護霊「言えない…よ…だめ…。」

男「ま、理由きいたところで女ちゃんと別れたりはしないけどな。」

守護霊「うう…うらめしやあ…うらめしやあ。」

男「都合が悪くなると消えるのな。………さて、教室行かないと。」



44 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 09:05:23.72 ID:IeAKwYy1O
男「遅れました!!」
国語教室「男!!大丈夫か!」

男「え…?」

国語教師「ずいぶん顔色が悪いぞ。」

男「い、いや…大丈夫です。」

国語教師「そうか?しかし、辛くなったら保健室行けよ。とりあえず席つけ」

男「はい、すみません……。」

男友「お前、本当顔色悪いよ。大丈夫かよ。」

男「大丈夫だって!心配すんな(これも守護霊の仕業か…?)」



43 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/11(木) 09:04:24.60 ID:5/PiWDu10
舐めさせていただきますに見えたwwwww



45 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 09:09:38.74 ID:IeAKwYy1O
>>43自分でも思った。

男「うわ…なんで女の子がベッドの中に……!?夢か…!?」

守護霊「…おっと気づかれてしまった…こうなったら、舐めさせてもらいます。」

男「ええ!!…あぁ……あぁ…こりゃ夢だな…」



46 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 09:22:59.28 ID:IeAKwYy1O
国語教師「であるから…よし、今日の授業はここまでだ。」



男「あーーやっと終わった。」

委員長男「男、いつにも増して冴えない顔だな。一応心配してやろう、大丈夫か?」

男「…大丈夫だよ。なんの用だ。」

委員長男「お前俺の代わりに野獣役になったらしいな。」

男「まったくいい迷惑だ。」

委員長男「ははは…悪いな。ま、頑張ってくれ。」

男「…ああ。(委員長男って感じ悪いな…)」




47 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 09:30:39.78 ID:IeAKwYy1O
女「男くん!帰ろー!!」

男「あ……」

委員長男「女さん!!」

女「あ、委員長男くん。」

委員長男「元気ですか。最近見かけませんが。」

女「元気だよっ。委員長男くんは?」

委員長男「元気です!」

女「良かったー」

男「な、なんなんだ?二人は知り合い…?」
女「うん。幼稚園からの幼なじみなんだ!」
男「へえ……」

委員長男「昔は毎日一緒に遊んでましたね。」

女「懐かしいね!」

委員長男「そうですね。」

男「女ちゃん…行こうよ…。」



48 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 09:36:14.53 ID:IeAKwYy1O
女「もしかして男くん…焼きもち?」

男「そうだよ。焼きもちだよー女ちゃんアイツと仲良いんだ?」

女「幼なじみだからね…焼きもちなんてやかなくてもいいのに!私は男くんだけ!ね?」
男「女ちゃんー!」

女「ほら!ふらふらしない!今日の男くんは危なっかしいんだからー」

男「俺はね、女ちゃんがいれば幸せだよー」
女「なに…急に…そんな」

守護霊「…………いいなあ」



49 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/11(木) 09:37:19.02 ID:U/s+td1Q0
>>1頑張れ! 舐めさせて…の件、自分でふっといて不覚にも吹いた。 



50 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 10:16:07.96 ID:IeAKwYy1O
おばあちゃん「あ、僕!危ない!!」

女「男くん!水!水!」
男「ひぃ…」

びしゃっ

おばあちゃん「ご、ごめんねえ…」

男「いえ、いいんですおばさんこれくらい…花の水やりお疲れ様です。」

女「男くん優しいね…!!」

男「はっはっはっ」


守護霊「きぃっーー……はあ…虚しいよう。」



51 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 10:24:45.97 ID:IeAKwYy1O
不良「ようにいちゃん!可愛い彼女連れてんな」

男「な、なんだよ…」
不良「威勢いいなおい!」

女「きゃ!なにすんの離して。」

不良「にいちゃん金目のものおいてけよ。彼女大事だろ!」

男・守護霊「「どうしようどうしようどうしよう」」

男「(俺喧嘩には少し自信あったけどたぶんあれって守護霊がいたからだよな。金だすしかないか…いや、やってみるか…?)」

守護霊「(あいつが喧嘩で負けたことないのは私が守ってたからだよう…助けなきゃ…でも助けたくない…助けなきゃあうう)」





54 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 12:22:59.79 ID:IeAKwYy1O
男「(いや…ここで戦わなきゃ男がすたるぜ…!いちかばちか…)おりぁああ」

ゴチン

女「男くん…!」

不良「しょぼいなにいちゃん…ひはははは」
守護霊「男…………」
男「女をはなせえええ!」

ドカン

不良「ははははは無駄だよ!」

守護霊「………馬鹿な男…でも…」

男「くっ……」

守護霊「男を傷つけつけるなんてゆるさん…!!!」

男「うわああああ!!」

バキッ




不良「いってえ…!なんだこいつ急に強くなりやがった。」



55 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 12:29:22.32 ID:IeAKwYy1O
女「男くん…!」

不良「あっ逃げやがって!!」

男「……女ちゃん!てめぇ…もう一発くらうか?」

不良「ひぃい…覚えてろよ…!!」

女「男くんケガ大丈夫!?」

男「ありがとう。大丈夫だよ。女ちゃんこそ…ごめんね。怖い思いさせて…」

女「いいの!それより…男くん…頼もしかったよ…」

男「あ、あははは……

…サンキュっお前だろ…?」

守護霊「…!!」

女「どうしたの男くん?」

男「ううん、行こっか。」

女「うん!」



守護霊「サンキュ……とは……なんぞ……でも、嬉しい…」




58 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/11(木) 13:23:37.03 ID:IeAKwYy1O
女「にしても今日は本当男くん厄日だね。」
男「そうそう!それで俺さ、劇で野獣やることになったよ。」

女「え!すごいよ!野獣って主役だよね?」
男「いや…美女が主役かなあ…?」

女「あっそか…え、やだなあ…美女って…私その劇見れないよ…」
男「なんで?」

女「焼きもち…やくから…」

男「可愛い…!!」

女「………複雑」

男「ただのお芝居だしさ!」

女「え~みたくないよう。」

男「こいつぅ。」

守護霊「な~にがみたくないようだ…私がこんな光景みたくないようだ。虚しいとおりこして虫酸がはしるぞ………ふん」



76 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/12(金) 23:03:19.58 ID:gV1BxG1UO
女「…美女役さんて誰なの…?」

男「え?そういえば分かんないな…まだ練習とかはしてないんだ。」

女「ふぅーん……。」
男「俺にとっちゃ女ちゃん以上の美女なんていないけどさ!」

女「………えへへ」

男「良かった…!笑ってくれた…女ちゃんは笑顔が一番だよ。」

女「大人げなかったよね…ごめんね。野獣役頑張ってね!」

男「ありがとう…。」
守護霊「見てこれ鳥肌ー!私幽霊なのに鳥肌ー!はあ……辛いのう。」



77 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/12(金) 23:10:39.72 ID:gV1BxG1UO
男「お化け屋敷はの方はどう?」

女「ふふふ、順調だよ!」

男「俺見に行くね!女ちゃんなら何着ても似合うだろうなあ。」

女「そんなことないよ!時間あったらでいいから見に来てね。…怖がらせてあげるよ!」
男「楽しみだなあ…」

守護霊「男は怖がらせられるのが好きなのか…?自虐癖があるのか…?」




79 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/12(金) 23:16:12.72 ID:gV1BxG1UO
女「じゃあ、また明日ねー」

男「うん。またね!」
守護霊「………」

男「(女ちゃんやっぱり可愛いなあ…俺って幸せものだなあ…)」
守護「なにをにやついておるのだ…?」

男「うわああ!お前か…」

守護霊「うらめしやー」

男「…それよく聞くけどさ、なにか俺に恨みでも…?」

守護霊「別にないけど…」





80 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/12(金) 23:24:57.70 ID:gV1BxG1UO
男「じゃあなんでうらめしやなの?」

守護霊「今朝…」

男「なに?」

守護霊「今朝女がうらめしやって言ったら男可愛いって言ってたから…」

男「え…」

守護霊「なんてわけないわ!怖かろう怖かろう!怖がらせてやる!うらめしやー」

男「……いや、怖くわない…よ…。」

守護霊「(もう少し…素直になりたいのう)」



81 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/12(金) 23:30:15.65 ID:gV1BxG1UO
男「………」

守護霊「………」

男「そういえばさ、ありがとうな。」

守護霊「え…?」

男「助けてくれただろ。ほら、絡まれた時。」

守護霊「そ、それは当然のことだから……。気にするな。」





82 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/12(金) 23:35:37.01 ID:gV1BxG1UO
男「当然じゃあないだろ…」

守護霊「当然だ。」

男「だってもう守護霊辞めるんだろ?」

守護霊「え…?」

男「俺…女ちゃんと別れる気ないよ?」

守護霊「どうしても…?」

男「うん。」

守護霊「………」



83 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/12(金) 23:43:51.61 ID:gV1BxG1UO
守護霊「……私、お前をずっと見てきた…。ずっと守ってきた。」
男「そんなの…知らないよ…。」

守護霊「…いつからかな、なんでお前を見てるのか、なんでお前を助けるのか…理由が分かったんだ…。」

男「……なんで?」

守護霊「ううん。…………内緒だ。だからね、諦めん。」

男「はあ!?」

守護霊「諦めんからなっ!!!」

男「ちょっ…勝手に消えんな!」



84 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/12(金) 23:51:11.50 ID:gV1BxG1UO
男姉「なに家の前で騒いでんのよ!」

男「はっ!い、家の前かよ…」

男姉「女ちゃんにフラれた?」

男「縁起でもないこと言うなよ!」

男姉「はいはい、家に入んなさい。」

守護霊「……女が男をふるという方法があるか」



85 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 00:01:52.92 ID:r1nQOGMk0 ?PLT(12061)
姉キタ━(゚∀゚)━!!!!!



86 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 00:10:36.34 ID:bVokwlrVO
男姉「ご飯できてるわよ。」

男 「ん~後にする。」

男姉「へえ?あ!階段転ばないでよ。」

男「わあってるよう!うわあああああ」

男姉「あちゃ…」

守護霊「………可愛そうな子」




87 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 00:17:28.89 ID:bVokwlrVO
男「あー俺1日でだいぶうたれ強くなったよな…。」


守護霊「…痛くない?」

男「うん。ありがとう…ああっ出た!」

守護霊「やっほ。」

男「………やっほ。」
守護霊「勉強?」

男「うん。」

守護霊「頑張って。」
男「………うん。」




89 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 00:32:31.95 ID:bVokwlrVO
守護霊「……」

男「いつまで部屋にいるんだよう。」

守護霊「気にするな。」

男「……女の子が部屋にいるとなあ。」

守護霊「お、女の子……ふふふ。」

男「……しゅ、集中できん。」

守護霊「~♪」

男「…」



90 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 00:43:57.13 ID:bVokwlrVO
男「あ~もうっ」

守護霊「勉強は終わり?」

男「…野獣の練習する。」

守護霊「手伝おうか?」

男「どうやって?」

守護霊「美女役とかな!」

男「……遠慮するよ。」

守護霊「ちえっ~」

男「さ、さあ!練習練習!」



91 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 00:50:07.36 ID:bVokwlrVO
男「…私は醜い!」

男「ベルよ!私と結婚してくれないか!」

男「…すまない。分かった。」

男「信じていた!」

男「ありがとう。」

男「…………」

守護霊「……手伝おうか?」

男「……お願いします。」



92 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 01:04:04.41 ID:bVokwlrVO
守護霊「私は…いつの日からかあなたを愛していました。」

男「ありがとう。私はこの日を待っていたよ。お前のその気持ちが私の呪いを解いたのだ。」

守護霊「ずっとあなたのそばに…いさせて下さい。」

男「ともにあろう。」

守護霊「美女と野獣とは随時くさい話だなあ…」

男「そ、そうだなあ。(き、気まずいのは俺だけか…?)」



93 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/13(土) 01:23:50.98 ID:0CmI8kvbO
なんという良スレ。
不覚にも守護霊に萌えてしまった。



94 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/13(土) 01:28:50.33 ID:7daRXJD6O
霊だからかわからんが何故か霊には萌えない…
これは末期かもしれんね


支援



95 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 01:56:20.29 ID:bVokwlrVO
守護霊「でも…なんだか照れてしまうな!」

男「~~~っ別に…」

男姉「勉強してるのかと思ったら独り言…?あんた頭大丈夫?」


男「うわあっ姉貴…!ちげえよ…ちょっと劇の練習を…」

男姉「劇…?何の」

男「…いいたくない。」

男姉「へえ…これ、あんたがなかなか降りてこないから晩ごはん持ってきてあげたけど…いらないんだあ~」

男「くださいください!すんません!」



96 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 02:00:50.35 ID:bVokwlrVO
男姉「で?何の劇?」
男「び、美女と…野獣…です。」

男姉「あれってそんなに役あった?」

男「えーと…時計さんとか…ティーポットさんとか…」

男姉「あんたは何なのよ?……まさか」

男「……野獣です。」
男姉「あははははやったじゃない主演男優よ?あはははは」

男「笑うなよ…」

男姉「ま、頑張ってね。あはははは」

男「はあ…」



97 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 02:05:53.83 ID:bVokwlrVO
男「飯食おう…」

守護霊「……」

男「…どうした?あんまり見るなよ…」

守護霊「それは美味しいのか?」

男「食べてみるか?」
守護霊「ううん、私に食べるという行為必要ないんだ。」

男「あ…」

守護霊「だからいつもお前たちがそうしているのが少し……」

男「……」

守護霊「ふふっ…うらめしいなー」

男「お前って幽霊なんだもんな。」

守護霊「幽霊ではない、守護霊だ!」



98 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 02:11:06.24 ID:bVokwlrVO
男「はいはい…守護霊はやっぱり触れないのか…?」

守護霊「触ってみたいか?」

男「……別に。」

守護霊「触れないよ。」

男「なんだ…やっぱりか…」

守護霊「残念?」

男「別に」

守護霊「私は触りたかったなあ…」

男「……さわりゃいいだろ…ほらっ」

すかっ

守護霊「無理だよ…。」




99 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 02:18:04.65 ID:bVokwlrVO
男「…お前っていつから守護霊なの?」

守護霊「気がついたら男のそばにいたよ。男が6才になった時かな。」

男「へえ…もともとは生きてたりしないのか?」

守護霊「分からん…生まれたときから守護霊だと思っていた……。」

男「……」

守護霊「可哀想なんて思うなよ?もし生きていたらお前のことを守ってやれなんだかもしれん。だから私は守護霊で良かったと思っている。」



100 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 02:22:52.81 ID:bVokwlrVO
男「なんだよ…!急にそんな…」

守護霊「別に急に思ったわけではないが…夜は少し大胆な方がいいだろ…?」

男「!?」

守護霊「冗談だよー」
男「…風呂入ってくる。」

守護霊「分かった。」
男「つ、ついてくんなよ…!」

守護霊「風呂も危険はつきものだ…私はいつも見守っていたが…。」



101 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 02:36:53.57 ID:bVokwlrVO
男「ええ変態!?」

守護霊「!?!?変態じゃないぞ!」

男「見るなよ…見るなよ…」

守護霊「何を今更…」
男「え…なんかショックなんだけど…」

守護霊「男ならそれぐらい堂々しろ。」

男「お前なあ…」

守護霊「………仕方ない」

男「あ、消えた…。」



男「(うう目にシャンプーが……ああ…)シャワーシャワー(どこだ~シャワーどこだ~)」

ザーー…

男「ありがとう……っいるのかよ!!!」



102 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 03:21:35.91 ID:bVokwlrVO
男「あー…さっぱりした」

チャラリラ~

男「…女ちゃんからメールだ!」



件名 おやすみ

本当、今日は災難だったね…でも明日はきっといいことあるはず♪お疲れ様


男「ときめくわー。」
守護霊「ひくわー。」

男「だまらっしゃい。なんて返信しよう。」
守護霊「俺は今守護霊さんとお風呂入ってましたなんてどうだろう?」

男「はい却下。」



103 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 03:29:44.53 ID:bVokwlrVO
Re:おやすみ

女ちゃんがいればいつでも幸せだ!またね



男「よし。…寝るか。」

守護霊「おやすみ。」
男「…ちょっとお前どっか行ってくれないか…?」

守護霊「…?ああ…分かったよ。」

男「(妙と物わかりがいいな…)」

守護霊「……」

男「(………ああ、女ちゃん…大胆な…(悶々))」

男「(男くん…好き…だから…お願い…)」

男「(女ちゃん…女ちゃん…女!女!)」

男「(男くん…!はあはあ)」

男「…うっ……ふぅ…ティッシュティッシュ…」



104 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 03:35:15.15 ID:bVokwlrVO
ピラ~

男「………あティッシュどうも……



やっぱりお前いたのかよもう……やだ。」


守護霊「………見てはいない。このすけべ。」

男「どっちがすけべだよ風呂まで覗きやがって。」

守護霊「万が一があるから…。」

男「はあ…今までもずっと見られてたかと思うとなあ…」

守護霊「だから!見てないって!!もう…こっちだって恥ずかしいんだから…」



107 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 09:42:29.70 ID:bVokwlrVO
男「なあ、お前ってここはどうなってんの…?」

守護霊「な、なにをする!」

男「いいだろ…お前ばっかり見てたら不公平じゃん。」

守護霊「え…?」

男「いいから…」

守護霊「ひゃ…やめっ…いやあっ」


男「わあああああああー………夢…?」

男「夢なのか…?」

男「おーい、守護霊!」

男「いない…?」



105 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 07:25:38.80 ID:Cy5GA/gq0 ?PLT(12061)
根落ちしたw
>>1アンガレ!




106 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/13(土) 07:33:23.72 ID:EcoNzPTe0
私怨



108 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 09:49:23.42 ID:bVokwlrVO
>>107ゴメン…アンガル!!



男姉「あら、あんた今日は起きるの早いね。」

男「うん……。(夢?いつからが夢?守護霊がいたのは夢じゃないよな…?あんなにいろいろ痛かったし。)」
男姉「なんか元気ないわね…。」

男「(あいつ、まさか人の夢まで見れる力があるのか…?ひいて逃げた…?)」

男姉「ご飯こぼしてるよ?大丈夫?」

男「(だいたい俺なんであんな夢を…!すげえ罪悪感だ…うわっ…)」

男姉「あ!そろそろ女ちゃんくるよ!どうしたのよ元気だして!」
男「………うん。」



109 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 09:55:26.43 ID:bVokwlrVO
男姉「女ちゃんの話題でもこのテンション…!」

男「(はあ…俺こんなことでなに落ち込んでるんだ…厄介なのがいなくなって良かったじゃないか…)」」

女「おはようごさいます。」

男姉「ああ!女ちゃんおはよ!ちょっと男の様子変なのよ…女ちゃん…よろしくね。」

女「様子が変ってどういうことですか…?」
男姉「元気がないというか。」

女「そうですか…。」
男姉「でも女ちゃん見たら元気になると思うから!男ー男ー!女ちゃん来たよー!」

男「……うん。」



110 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 10:01:10.34 ID:bVokwlrVO
女「おはよう」

男「…おはよう」

男姉「ほら!シャキッとしなさい!」

男「い、いってきます。」

女「本当に今日元気ないね…どうしたの?」

男「ううん、なんでもないよ。」

女「…なんでもなくないよ!私で良かったら言って!」

男「………実はさ、」
女「うん。」

男「う~ん…急に連絡とれなくなった…会えなくなった…友人…?がいてさ…。落ち込む。なんか気になって…。」

女「へ、へえ…」



111 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 10:07:05.88 ID:bVokwlrVO
男「いや!別に友人って呼べるほど長い付き合いでも…いや…向こう的には長いけど…なんか……分かんないや。ごめん。」

女「…………」

男「……どうしたの女ちゃん?」

女「えっ!あ、あのね、大丈夫だよっ。男くん、ちょっと不器用だけどいい人だってみんな分かってくれてるから…そんな男くんから離れる人って少ないんじゃないかな…?」

男「俺は…そんないいやつじゃないけど。」
女「ずっと見てきた私が言うんだから…!」
男「ありがとう。女ちゃんがそう言ってくれるなら…。(守護霊…)」



112 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 10:14:57.47 ID:bVokwlrVO
男「(どこに行ったんだよ…諦めんって…言ったじゃないか…)」
女「………」

男友「よっ!……あれえ!二人ともなんか暗くないか?」

女「あっ!えーと…おはよう男友くん。」

男友「なになに倦怠期~?」

男「いつのまにいたんだお前…馬鹿言うなよ倦怠期なんて…」

女「うーん…そうかもね。」

男「え?」

女「なんだか倦怠期かも…?あ、じゃあ玄関だし、ここで。男くん元気だしてね!」

男「ええええー!?」



113 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 10:17:59.04 ID:bVokwlrVO
男「お、お、お前が余計なことを言うから…!!」

男友「わりい!でも…お前が元気なさそうだったからもしかして~って…本当スマン!」
男「も~やだ…守護霊といい女ちゃんまで…」

男友「守護霊…?」

男「いやなんでもない。」

男友「まさか二股してたのか!?」

男「ち、ちげーよ!!」



114 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 10:21:45.67 ID:bVokwlrVO
男友「お前が二股できて俺に彼女が出来んなんて不公平だからな…そんなわけないとは思うが。」

男「なんだよそれ…。」

男友「女ちゃんは大事にしろよっ!」

バシィっ

男「いってえ!!!」
男友「今日は転ばないんだな!昨日のお前は転びまくりだったじゃん!良かったな。」

男「…………!(もしかして守られてる)」



115 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 10:25:49.76 ID:bVokwlrVO
男「(考えてみりゃ今までも姿は見えずに守られてたんだよな…こんな感じだったのか…?)」

男友「おいおいまた考えごとか…?」

男「(いや、いくらなんでも守護霊がいないと転びまくるってのもおかしいよな。それじゃ自己回避能力なさすぎじゃねえか。)」

男友「おーい!!」

男「……」

男友「ああ、こりゃ女ちゃんが呆れるのも無理ないわ。」

男「……」



116 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 10:31:39.82 ID:bVokwlrVO
男「(守護霊…どこに行ったんだよ。)………ってそれより女ちゃん!!」

男友「それよりって…やっぱり他の女のことでも考えてたのか!?」

男「ちげーよ!女ちゃんどうしよ!昼休みに会いに行った方がいいよな!?」

男友「そ、そうだなあ。」

男「はあー…女ちゃんにフラれたら……。俺、俺…。」

男友「だっ大丈夫だって!女ちゃん優しいから!多分ただの冗談だよ!」

男「男友ー!!」

男友「落ち着け!落ち着け!」



118 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 10:35:57.88 ID:bVokwlrVO
教師「HRはじめるぞー席につけー!」

委員長女「男友くん!男友くん!」

男友「はい?」

委員長女「話があるの。HRの後に少しいい…?」

男友「え…!はい!!!」

男友「へへへ(…悩んでる男には悪いが俺も幸せは自分で掴まないとな。)」



121 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 10:44:29.15 ID:bVokwlrVO
教師「そういやーお前ら、文化祭の劇、進んでるのか?」

委員長女「全然…配役が決まったんで今日から頑張ります!」

教師「美女と野獣だっけ?」

委員長女「そうです。野獣が男くんで、美女が…男友くんです。」
教師・男「はあああ!?」

委員長女「どうしても美女っていう名前のせいでみんな腰がひけちゃって…じゃあいっそ男の子にやってもらおうってなったんです。HRの後、相談したら快く引き受けてくれました…!」

男「お、お前それでいいのかよ…。」

男友「あはは。押しに弱いのよ…。あはは。」




123 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 10:50:57.35 ID:bVokwlrVO
男「ま、お前相手ならやりやすいよ。」

男友「いやいや、俺はやりずらいよ…?」

男「一緒に頑張ろううぜ!」

男友「急に元気だしやがってちくしょー」

男「はっはっは!」




落ちます。用事片付けけたらまた続きやります。お付き合いありがとうございます。



126 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/13(土) 16:40:20.90 ID:MzrAOd8/0




127 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/13(土) 18:34:35.10 ID:MzrAOd8/0 ?PLT(12061)




129 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/13(土) 21:53:30.06 ID:EbWYj6krO
126-127
ちょwwほもってww



130 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 22:53:41.33 ID:bVokwlrVO
>>126-127 把握した

男「なあ、お前ってここはどうなってんの…?」

守護霊「な、なにをする!」

男「いいだろ…お前ばっかり見てたら不公平じゃん。」

守護霊「え…?」

男「いいから…」

守護霊「ひゃ…やめっ…いやあっ……みぃーたぁーなぁー…こいつをどう思う?」


男「…………え、こここれって…すごく、おおきいです……アッーー……夢だろ?なあー」




これから本編やります。すいません。ただいま。



132 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 23:05:56.22 ID:bVokwlrVO
教師「じゃあーこの時間は文化祭の準備をするように!」

男友「私はいつの日からかあなたを愛していましたあ。」

男「ありがとう。私はこの日を待っていたよ。お前のその気持ちが私の呪いを解いたのだ。」

男友「ずっとあなたのそばにいさせて下さいー。」

男「ともにあろ……おえー」
男友「きもちわるっ…!」

委員長男「お似合いだなお二人とも!」

男友「来んなよ!」

委員長女「男友くーん!衣装合わせするからこっち来てー!」

男友「は…はいー!!」

男「お、おい男友!……はあ…一人練習するか。」




133 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 23:11:36.14 ID:bVokwlrVO
委員長男「…ところで男…」

男「なんですか…?」
委員長男「君は女さんと本当に付き合っているのか?」

男「そうですけど?」
委員長男「不釣り合いだ!余りにも不釣り合いだぞ!」

男「あんた…女ちゃんが好きなんですか。」
委員長男「お、俺はただな…女さんの幼なじみとして…心配しているんだ!!」

男「俺はけして出来た人間じゃありませんが、女ちゃんを幸せにするための努力は惜しみませんよ。」




134 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 23:16:36.03 ID:bVokwlrVO
委員長男「口ならなんとでも言えるわ!」

男「有言実行がモットーですから。」

委員長男「……お前のどこが良かったんだか。女さんは頭のいい人なのにな。ああ優しい人でもあるから同情したのかな。」

男「同情ねえ…うん。確かに俺も同情じゃないかと思いましたよ。告白された時は。」

委員長男「こここ告白くぅ!?女さんがお前に告白したのか!?あ…ありえん…」

教師「おーい委員長男!静にしろー」



135 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 23:20:29.73 ID:bVokwlrVO
委員長男「見ろ!お前のせいで先生に怒られた!」

男「なんで俺のせいですか。」

委員長男「お前が女さんから告白されるなんて…幼なじみのおれはどうなる!?」

男「どうなろうとしったこっちゃないです。」

委員長男「……女さん…なんてことだ。うううう…別れろ!男!今すぐ別れろ!」



136 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 23:26:07.79 ID:bVokwlrVO
男「あなたまでそんなことを…」

キーンコーンカーンコーン

教師「お、終わりだな。後片付けはきちんとしとけよー。」

委員長女「男くん!女ちゃん来てるわよ!今日もお弁当かな?熱いねー!」

委員長男「女さあああん!」

男「女ちゃん!!今朝はボーッとしててごめんね。俺も女ちゃんのクラス行こうと思ってたんだ。どうしたの?」

女「あのね…あのね男くん、



別れましょ。」



137 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 23:32:49.03 ID:bVokwlrVO
男「え…?」

女「別れよっ。」

男「なんで?」

女「うーんなんていうかもう飽きちゃった。」

男「………」

委員長男「女さん!あなたは正しい!俺は感激です。あなたにふさわしいのは俺だ!そうでしょう!」

女「え!なんだ、ちょっと、離せっ…!」

男「………………。」
男友「だ、大丈夫か男?」


139 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/13(土) 23:37:48.37 ID:bVokwlrVO
男「………っふざけんなよっ!!」

男友「え…男?」

男「俺はまんだ女ちゃんが好きなんだよ!勝手に飽きたとか言って終わらそうとすんな。」

女「やっ…男くんも離して!」

委員長男「乱暴は辞めろ男!女さん困ってるだろ!」

女「あ、あなたも離して…」

男「来い。」
女「え…?」


男「ここじゃゆっくり話せないから、来いっ。」



140 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/14(日) 01:20:36.38 ID:81QabW4s0
ほしゅ


143 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/14(日) 03:53:12.39 ID:u3AIPpGgi
早くしてきださい。風邪ひきます



144 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/14(日) 19:55:54.10 ID:aVsfU/A+O
一体何時間全裸で仁王立ちしてると思ってんだ



145 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/14(日) 23:44:50.33 ID:MrQxP8MbO
女「ど、どこまで行く気!?」

男「………」

女「やだ…こんな校舎裏…」

男「……女ちゃん、君が僕に告白してくれた場所だ。覚えてる?」

女「…そういえば…。」

男「なんて言ったかは?」

女「い、言えないよ!」

男「…そう。じゃあ、俺はなんて答えた?」
女「俺も…好きですでしょ?」

男「次の日手紙渡したよね。あれは覚えてる?」

女「わ、わすれたわ…」

男「忘れたんじゃなくて、分からないんじゃないか?」

女「……え!」



151 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/15(月) 15:29:38.78 ID:jv8wTcJeO
支援支援!



152 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/15(月) 18:27:35.39 ID:qKhyWCuG0 ?PLT(12061)
次はもっとかわいい女に取り付いて
男を誘惑するとかあったりしてなwwwww

>>1
ネタに詰まったら安価で展開もありかもよw



153 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/15(月) 20:12:40.66 ID:D+qaMTk4O
男「女ちゃんなら言えるはずのことが…言えないのは守護霊だからじゃないか?」

女「…好きなのよ!!」

男「…!」

女(守護霊)「私だってあなたにこうして触れたかった!!抱きつきたかった…私はいつだって見守るだけ…助けるだけ…ずるい。」

>>152名案です(;_;)
すいません安価させて下さい

1・男「……離せよ。せこい手使いやがって…お前は所詮幽霊だ。」

2・男「……これで満足か…。」(抱きしめ返す)

3・「馬鹿野郎…!……急にいなくなるから…びっくりしたんだぞ…」

お選びください。



154 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/15(月) 20:13:28.16 ID:D+qaMTk4O
しまった…
安価>>157



155 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/15(月) 20:41:16.39 ID:WIcjK9Co0
ksk



156 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/15(月) 20:48:49.06 ID:pL7uMp3W0
し・え・ん!し・え・ん!



157 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/15(月) 20:54:00.44 ID:avqfPcej0




158 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/15(月) 21:09:45.11 ID:D+qaMTk4O
男「馬鹿野郎…!……急にいなくなるから…びっくりしたんだぞ…」

女(守護霊)「……え?」

男「俺もよく分からないけどさ…急にいなくなられると調子狂うんだよ。」

女(守護霊)「……でも、女とは別れないんだろう?」

男「それとこれは別だよ。」

女(守護霊)「うらめしやあ…」


1・男「……怖いよ」

2・男「……可愛いよ。」

3・男「分かったら早く女ちゃんから出ていってくれ。」

>>163



163 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/15(月) 22:25:26.13 ID:UDzKpkjp0
2



164 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/15(月) 22:44:57.67 ID:D+qaMTk4O
男「…可愛いよ。」

女(守護霊)「女…だからか…?」

男「さあ、どうだろうね?お前が紛らわしいことするから分からないよ。」

女(守護霊)「……」

男「出てこいよ。」

女(守護霊)「…分かった…でも、ね…キスしたい。」

男「うぅっ!?」

女「………!?な、なにしてるの男くん!!」

男「いやっ…あはは…その。」

女「………待ってた。男くんいつまで待ってもしてくれないんだもん。」

男「えっ…」

女「嬉しい…。」



1・守護霊「これで良かったのだ…。」

2・女「ひっかかったわね…ふふふふ…」

3・男「あれ…?目眩が…。」

>>166



166 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/15(月) 23:59:21.18 ID:XtuEFYmyO




167 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/16(火) 11:19:55.19 ID:/dAi4Atg0
あんま安価利用しすぎるのもどうかな・・・。そもそもは>>1がやりだしたから1がやりたいようにやればいいけど、趣旨が変わってきてる希ガス



168 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/16(火) 16:54:03.49 ID:czfYfsz/O
スレ主としては選択して色んな展開で進めたいんじゃないかな

単純にかきためてるのだけ書いていくのもってやつだと思う

俺としてはどうせなら選択なしの安価でカオスもいいがwwwwwww



169 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/06/17(水) 01:02:43.98 ID:6D/DZiHVO
まあ読む側としては面白ければなんでもよいのだが



170 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/06/18(木) 02:38:18.39 ID:PH6IPwS40
いちまだー?



294 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/07/20(月) 23:54:13.29 ID:noMP+DhiO
1はいずこへ



295 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/21(火) 07:16:21.36 ID:5XJkSmZu0
もう落としていいんじゃね?

てか1ヶ月以上放置じゃねーか。



296 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/07/21(火) 07:29:47.31 ID:zZ6Tf96E0
>>295
とあるSSは二ヶ月待ったら1が帰ってきてだな



297 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/07/21(火) 20:25:24.39 ID:gdfE3+pO0
半年は待ってやろうぜ



298 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/21(火) 20:57:40.33 ID:Z0BrqGDQ0
+のヌクモリティはんぱねぇ



299 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/07/21(火) 21:44:57.54 ID:zZ6Tf96E0
  旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦/⌒ヽ旦旦旦旦旦旦旦旦旦
  ⊂二二二二二二二二二二( ^ω^)二二二二二二二二⊃  お茶が入りましたおー
                  |    /
                  ( ヽノ
                  ノ>ノ
              三  レレ


                         ∩     ダシャーン
       ミ                 //
     ミ    ⊂'ヽ  ∩      //   \
      ミ    \\\\_,,,,,,,,/ ∠          /
             \\\\    .,''.,':.',,      .,':.',, .,': l  .,':.',,|[]].,':...,
    ガッ        )   \\      ).,':.',,:.',,  []] .,':.',,.,':.',,.,日  .,':.',,.,':.',,          /
    ⊿   ⊂二二二、___ヽ \_,,..ノ  /[]].,':',,:',[]]/[]]\[]].,':.',,|[]].,':.',, _ .,':.',,]]/ 日.,':.',,.., . ..,,,;:[]]



306 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/24(金) 02:33:57.46 ID:EdUZ1/hf0
俺続き勝手に書いてもいい?



308 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/24(金) 08:11:59.56 ID:uUkhhx/30 ?PLT(12061)
>>306
いいよ




309 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 16:52:22.46 ID:EdUZ1/hf0
>>308
やってみるわ。ダメだったら叩いてくれ。
考える都合から
>>158
の選択勝手に変えてしまった。すまんこ



守護霊「これで良かったのだ…」

男(守護霊…)

女「あれ?男くん、そういえばなんでここに?」

男「え?ああ、えっとほら、女ちゃんと2人になりたくてさ…」

女「そっか…えへへ、でももう戻らなきゃ。みんな心配してるかも」

男「うん…そう…だね。もどろっか。あれ?」

女「どうしたの?男くん」

男「いや…なんでもない…たぶん気のせいかな…」

男(今俺たちのほかに誰かいた…?)

守護霊「…」



311 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 17:02:27.96 ID:EdUZ1/hf0
女「ねえ、男くん。片付け終わったら待っててくれるかな…?」

男「うん、もちろんだよ!校門のところでいいかな」

女「うん。それじゃ、またあとでね」

男「…」

守護霊「…」

男「その…なんていうか…ごめん…」

守護霊「いいよ…今までと同じになっただけだからな」

男「うん…ありがと…」

守護霊「ちゃっちゃと片付けを済ませろ。男なら女を待たすな」

男「うん…」



312 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 17:10:28.38 ID:EdUZ1/hf0
キーンコーンカーコーン

女「男くん!ごめんね、待った?」

男「いや、俺もついさっき来たとこだよ」

女「そっか、よかった。じゃ帰ろっか」

男「うん!」

守護霊「…」



313 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 17:20:13.81 ID:EdUZ1/hf0
女「ね、男くん…」

男「ん?なに?」

女「手…繋いでもいいかな…?」

守護霊「…」

男「えっ?」

守護霊「私を見るでない。好きにすればよかろう…」

男「…うん…」



314 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 17:27:28.45 ID:EdUZ1/hf0
女「男くんの家に着いちゃったね…」

男「うん…」

女「…ここまでで…いいよ?」

男「いや、送るよ」

女「えへへ、じゃあお願いしよっかな」

守護霊「…うら…めしや…」



女「着いちゃった…ね」

男「うん…」

女「また明日…だね」

男「メール…するよ」

女「うん…」

男「…」

女「…」

男「じゃあ、バイバイ…だね」

女「その前に…もう1回…していいかな?」

男「…うん」

守護霊「…」



315 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 17:38:43.80 ID:EdUZ1/hf0
男姉「おかえり。遅かったじゃない」

男「うん。ちょっとね」

男姉「ほほーう。ま、いいんじゃないの。高校生だし」

男「余計なお世話だよ!」



男「守護霊、いるんだろ?」

守護霊「なんだ?」

男「そのさ、今まで悪かったよ。無神経だった…」

守護霊「気にするなと言った。これでいいのだ」

男「おまえとも違った形で会えればよかったのにな…」

守護霊「そんなことをいうな…」

男「そうか…そうだな…」



316 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 17:43:24.56 ID:EdUZ1/hf0
守護霊「安心しろ。今までどおりちゃんと守ってやる」

男「うん…ありがとう…」

守護霊「それよりも、今後お前は辛い運命を受け入れなくてはならない。覚悟しておけ…」

男「前もそんなようなこと言ってたな。具体的にどうなるんだ?」

守護霊「それは言えん。私たちの能力にも限界があるんだ」

男「ふーん、そんなもんか」

守護霊「被庇護者が未来を知ってしまうことは魂に関わる重罪だからな」

男「なるほどね」



317 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 17:51:16.26 ID:EdUZ1/hf0
男母「男ー、お風呂入りなさーい」

男「はーい。…えっと、今日も…なんだよな…?」

守護霊「ん?そうだが?」

男「やっぱり慣れないけど…しかたないか」

守護霊「まあ私が守らなくても風呂で死ぬわけじゃないし」

男「え?そうなのか?」

守護霊「あ、いやなんでもないなんでもない」

男「おいおいおい、ちょっと今のは聞き逃せねえぞ」




続きはまた夜にでも書きます。
需要ありますか?守護霊の話し方とかつかめてないんですが



322 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 20:22:35.13 ID:EdUZ1/hf0
トンデモ設定\(^o^)/はっじまっるよー



守護霊「オホン、まずは運命の分け方を教えよう」

男「風呂場じゃなきゃ話せないのかよ…」

守護霊「まあ説明するのに具合がよくてな」

男「ならいいんだけど…」

守護霊「運命は可変運命と不可変運命の2種類に分けられる。
    前者は文字通り回避することが可能な運命で、後者は避けられない運命だ」

男「なんでそんな風に分けられなきゃいけないんだ?」

守護霊「未来への大きな筋道を曲げてはいけないからだ」

男「大きな筋道?」

守護霊「そうだ。守護霊の加護にが人間の選択によって決定された未来著しく改変するかどうかによる。
    未来に大きく関わらない怪我は私たちがどうにかできるが、そうでないものはどうしようもない。
    たとえば…たとえば…思いつかない…」

男「ってことは俺が転んだりボールぶつかったりしたのは…」

守護霊「可変運命だ。だからこそ私の干渉で回避できる」

男「なるほどね…」



323 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 20:33:23.82 ID:EdUZ1/hf0
ガコッ!!ガシャン!!

男「おおぅ…シャワーの取っ手がはずれて落ちた…」

守護霊「これが可変運命だ。シャワーの取っ手がぶつからなかったのは私の力が及ぶからだ。
    だがどちらの運命も人間の選択次第では回避ができるんだ」

男「具合がいいってこういうことか…ん?さっきと言ってることが違わないか?」

守護霊「さっきは守護霊の力が及ぶかどうかの説明だ。もっとちゃんと聞きなさい!」

男「ううむ、申し訳ない」

守護霊「あと目立った特徴といえば可変運命はおぼろげにしか予想できないけど
    不可変運命は前々から明確に予知することができることくらいだな」

男「まあつまりいろいろあるわけだ」

守護霊「で…その…そろそろ前を隠してもらいたいんだけど…」
男「はっ!!」



324 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 20:40:08.67 ID:EdUZ1/hf0
男「ふいー、すっかりのぼせてしまった…」

守護霊「劇の練習はいいのか?」

男「なんか頭ぐわんぐわんするしなーセリフは覚えたしいいかなーと」

守護霊「…うらめしやぁ…」
男「なんでだよ…」

守護霊(セリフでもいいから好きって言ってもらいたいよ…)



325 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 20:48:14.69 ID:EdUZ1/hf0
男「あれ?女さんからメールきてた…」
守護霊「あーやだやだ暑苦しい」

男「お前はもうちょっと歯に衣着せようか」



件名 こんばんわ

今日は嬉しかったよ〓ありがと、男くん〓
それでさ、日曜日なんだけど空いてるかな…?
おばけのコスチュームが各自手づくりになっちゃって、材料を買うのに付き合ってほしいんだ〓


男「なごむわー」
守護霊「ひくわー」



件名 Re:こんばんわ

大丈夫だよ♪うちのクラスもまだ休日使うほど切迫してないからね〓
じゃあ駅に集合でいいかな?

件名 了解です〓

はあい♪10時集合だと助かるんだけど、それでいい?



件名 Re:了解です〓

うん!わかった!



326 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 20:54:30.57 ID:EdUZ1/hf0
男「ったく…」

守護霊「…ップ、ははははは!いつ見てもいい姉だな!」

男「やれやれ、ははは。さて、そろそろ寝るかなー」

守護霊「はは、ああそうだな。おやすみ、男」
男「おう、おやすみ」


守護霊「おやすみ…男…」



327 名前:306[sage]:2009/07/24(金) 20:59:58.81 ID:EdUZ1/hf0
失敗しましたorzテヘ☆



男「あー週末が楽しみだなー…」

守護霊「盛っておられますねー」

男「高校生ですからねー」

男姉「女ちゃんリードしなきゃねー」

男「ま、見ていなさいって」

守護霊「うらめしやぁ…うらめしやぁ…」

男「!?」
守護霊「!?」

男姉「ま、がんばってきなさいなーあっはははは!」

男「出てけよ!もー!」

男姉「若いっていいねー!」


男「ったく…」

守護霊「…ップ、ははははは!いつ見てもいい姉だな!」

男「やれやれ、ははは。さて、そろそろ寝るかなー」

守護霊「はは、ああそうだな。おやすみ、男」
男「おう、おやすみ」


守護霊「おやすみ…男…」



329 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 16:10:45.29 ID:bdgShgdS0
守護霊「本日の登校の模様は私の都合によりカットさせていただきました」

男「何言ってんだおまえ…」
守護霊「だってもうやーだー!朝からべたべたべたべた暑苦しいしうっとおしいしー!」

男「というか学校じゃあんまりおまえと話せないからな。そこわかってるよな?」

守護霊「わかった上で騒いでやるから安心するといいぞ」

男友「おーっす」

男「おっす。登校中に会わないの久々だな」

男友「どっかのだれかさんが彼女とさっさと行っちゃったからな」
守護霊「ほんとほんと。周囲のことも考えてもらいたいね」

男(こいつら仲よくなりそうだな…)



330 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 16:16:44.56 ID:bdgShgdS0
委員長女「おはよ、お二人さん!」

男友「どもー」

男「どもー」
守護霊「どもー」

委員長女「今日は衣装の実寸測るからねー。あとセリフ合わせもするつもりだから忙しいよー」

男「時間足りますかね?」

男友「まだ3週間あるんだ。心配することないさ」

男「あと3週間か…」
守護霊(あと3週間か…)



331 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 16:22:32.20 ID:bdgShgdS0
男友「さて、もう放課後なわけだが」
男「今日は長引きそうだな…」

委員長女「そうだねー、まあ文化祭だし!愛しの女にメールでもしといた方がいいんじゃないの~?」

男「からかわないでくださいよ!」



件名 ごめん!

今日稽古長くなりそうだから一緒に帰れそうにないんだ〓


男「これでいいかな」
守護霊「無難な内容だな

男「ほっとけ!無難でなにが悪い!」



キーンコーンカーンコーン

アナウンス「最終下校時刻です。校舎に残ってる生徒は速やかに帰りましょう」

男「…女ちゃんから返信なかったな…」



332 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 16:26:35.94 ID:bdgShgdS0
男友「さて、もう放課後なわけだが」
男「今日は長引きそうだな…」

委員長女「そうだねー、まあ文化祭だし!愛しの女にメールでもしといた方がいいんじゃないの~?」

男「からかわないでくださいよ!」



件名 ごめん!

今日稽古長くなりそうだから一緒に帰れそうにないんだ〓


男「これでいいかな」
守護霊「無難な内容だな

男「ほっとけ!無難でなにが悪い!」



キーンコーンカーンコーン

アナウンス「最終下校時刻です。校舎に残ってる生徒は速やかに帰りましょう」

男「…女ちゃんから返信なかったな…」



333 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 16:31:41.00 ID:bdgShgdS0
ミスですorz
気づいたんだが…俺じゃ守護霊に萌えないかもしれない(´・ω・`)



男「夜になっても返信がこない…」
守護霊「これは倦怠期だな」

男「やめい!」

ブブブ…ブブブ…

男「お、ほらみろ!ちゃんとメール返ってきただろ」
守護霊「はいはい、そりゃよござんしたねー」



件名 ごめんね!

ちょっといろいろあってすっかり返信忘れてたよ〓



件名 Re:ごめんね!

いいよ、気にしなくても〓
明日は一緒に帰れるといいね!


男「よし!」
守護霊「むぅ…私なんて今日ずっと頭痛かったのに…」

男「霊に痛いなんて概念あるのか?」



334 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 16:37:49.12 ID:bdgShgdS0
男母「男ー朝よー遅刻するわよー」

男「はっ!!!」
守護霊「ふぁ…もうそんな時間か…」

男姉「今日は女ちゃん来なかったわね。あんたなんかしたんじゃないのー?」

男「そんなわけないだろ!いちいち首つっこんでくるなよ!」

男姉「はいはい。ほら、トースト。食べながら登校しな」
男「サンキュ。いってきまーす!」

守護霊「謎の転校生とぶつかったりしてな」
男「おまえはどこからそんな知識仕入れたんだ?」

男(一緒に登校できないってメールもなかったな…)
守護霊「男よ」

男「なんだよ」

守護霊「女にも女の都合というものがある。深い詮索はしないで信じてやるのだ」

男「…わかってるよ…」

守護霊「聞かなきゃいけないタイミングもあるがな」

男「なんか難しいな」

守護霊「それが女という生き物だからな」



335 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 17:01:45.80 ID:bdgShgdS0
男友「よう、今日はまたずいぶん遅かったな」

男「ハァーハァー、ちょっと、寝過ごし、ちゃって、さ」

男友「疲れてんなー。ま、今週も今日で終わりだしさ」

男「あ、今日金曜日だっけか」

委員長女「そう!そしてカウントダウンが3週間から2週間になるのよ…」
男「わ!びっくりした…」

男友「そんな深刻な顔しなきゃいけないほど遅れてないですけどね」

教師「おはよーおまえらー授業始めるから席につけよー」



336 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 17:26:23.85 ID:bdgShgdS0
委員長女「よーっし!今日もがんばるよー!!」

男友「おー」

委員長女「セリフはみんなだいたい覚えてくれたみたいだし、今日は大道具小道具作ろっか」

男「本番2週間前を目前にして順調に進んでますね」



委員長女「うーん…こりゃ今日も早めに終わりそうにないなー」

男友「かなり本格的なの作ろうとしてますからね…」
男「このサイズじゃ組み立て式になるように作らないと教室から出ないな…」

委員長女「まあまだ2週間あるし!大丈夫だよ!」

男友「朝とはうってかわってまぶしいくらいにポジティブっすね」

男(今日も女ちゃんとは帰れそうにないな…メールしとこう)



337 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 18:02:21.58 ID:bdgShgdS0
委員長男「みんなお疲れ様。ひと段落ついたから今日はこの辺にして切り上げよう」

委員長女「結局最終下校すぎちゃったねぇ」

男友「終わった終わったー。男、帰ろうぜー」
男「ああ。じゃ、委員長男、委員長女お疲れ様ー」

男(またメールこないな…女ちゃんにもいろいろあるんだよな…)



男友「じゃなー」
男「おう、また明日ー」

男姉「あら、男じゃない。こんなとこで会うなんて珍しいわね」
男「うおっ!姉貴か…そりゃこっちのセリフだよ」

男姉「そりゃ大学行ってバイト行ってたらこれくらいの時間になるわよ。あんたは…文化祭か」

男「そうだよ。もう2週間きったからさ、みんな気合はいっちゃって」

男姉「ふうん。ま、がんばれ。少年」

男「なんだよそれ」



338 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 20:03:05.78 ID:bdgShgdS0
男「あーあ、疲れたぁ」
守護霊「お疲れ様。ところでお前明後日のでぇとぷらんは立てたのか?」

男「え?」

守護霊「はあ…なんでもないよ。ま、お前たちに別れてもらいたい私は黙ることにする」

男「…女ちゃん、俺のこと嫌いになったのかな…」

守護霊「なんのことだ?」

男「だってメール返ってこないし、一緒に登下校もしてないし…」

守護霊「女々しいやつじゃのう。今朝私が言ったことを忘れたのか?」

男「わかってるけど!わかってるけど…こう突然変わっちゃうとさ…不安じゃん…」

守護霊「心配なら日曜日に聞いてみろ。そんな気分は胸に抱えているだけ体によくないからな」
男「うん…」

守護霊「ほら、それに…いざとなったら…私が…」

男「…」

守護霊「…なんでこのタイミングで寝るかな…」



339 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 20:19:06.14 ID:bdgShgdS0
男姉「起きろー!起ーきーろー!8時だぞー!女ちゃんとでぇとなんだろー!」
男「っはっ!!!」

男姉「ほらほら、準備に手を抜くような男じゃ捨てられちゃうぞー!」

男「うっせー!今すぐ仕度するわ!」
守護霊「慌しいやつだな…ふぁ…」

男「お前も起こしてくれたっていいじゃないか!いいよな霊は準備なんていらないもんな」
守護霊「無駄口叩いてないでとっとと仕度したらどうだ?」



340 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 21:59:28.72 ID:bdgShgdS0
男「はひっはひっ、ふぅー、9時50分…よっし!間に合った!」
守護霊(女は来てないのか…あやつなら先に待ってそうなのに…)



10時



10時30分

男「おかしいな…女ちゃんどうしたんだろ…」
守護霊「連絡をとってみよう」
男「うん…」



件名 おはよう

女ちゃんどうしたの?体調でも悪いのかな?


男「…」
守護霊「どうした?」

男「いや、また…返信がないんじゃないか…って思ったらさ…」

守護霊「本当に体調が悪くて寝てるなら返信もできないだろ」

男「そうだけど…」



341 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 22:26:15.34 ID:bdgShgdS0
11時



12時

男「さすがにおかしいよ!電話してみる!」


プルルルル…プルルルル…

おかけになった電話番号は現在電波がt

プツッ


男「…どうなってんだよ…」



342 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 22:51:00.75 ID:bdgShgdS0
15時



18時



20時


守護霊「…店、閉まってるだろうな…」

男「うん…」

守護霊「結局メール…こなかったな…」

男「うん…」

守護霊「…もう帰ろう…」

男「…ああ」



343 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 23:00:46.31 ID:bdgShgdS0
あと2回で書きため終わりです。
その後は選択でルート分けようと思ってるんですが安価してもいいですか?
それと書きため終わりなんで推敲できない分余計気持ち悪いことになるんですがこれはしかたないと思ってください。



男姉「おらー!起きろ弟ー!!」
男(うっさいな…徹夜で遊ばせたの誰だよ…つかなんで姉貴はこんなに元気なんだよ…)

守護霊「ふあぁあ…眠…」

男姉「ったく…女ちゃんがわざわざ足を運んでくれたのに…」

男「ええっ!?」
守護霊「ほほーう」



男「女ちゃんっ!」
女「…おはよ、男くん…」

男「お…おはよ…」

女「………ごめんなさい!!」

男「…」

女「…その…もしよかったら………一緒に登校してくださいっ!」

男「…うん…」

男姉「(やれやれ…)ほらほら、ボサッとしてないで仕度しな!」



344 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/25(土) 23:02:49.38 ID:nPqku+OB0 ?PLT(12061)
おk
把握



345 名前:306[sage]:2009/07/25(土) 23:37:17.78 ID:bdgShgdS0
男「いってきます」

男姉「ん、いってらっしゃい!」


女「男くん…昨日は…ごめんね…」

男「いいよ…理由があったんでしょ?」

女「…うん…それなんだけどね…ちょっとずっとわけわかんないことになってて…」

男「……」


1・男「女ちゃん…よかったら、理由…教えてくれないかな…?」

2・男「わかった…今はそれだけでいいよ。いつか女ちゃんが話したくなったら教えて…」

3・男「ごめん…女ちゃんにも都合があるのはわかってる…だけど…今は少し距離をおきたいんだ…」


>>350までで多かった方でお願いします
今後また分岐があるときは同じようにするつもりなんですがおkですか?



346 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/07/26(日) 01:08:59.97 ID:7p+DvWAvO


1



347 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/26(日) 06:09:27.73 ID:PBP9fgm60





348 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/26(日) 08:48:40.45 ID:DVaCxxr+0
1



349 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/07/26(日) 10:36:37.09 ID:FCUcxvrL0
4



350 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/26(日) 11:33:43.76 ID:yuLd+x0p0




351 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/26(日) 15:07:33.36 ID:Pg8WCTej0




352 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 15:39:58.59 ID:jR8GOHdb0
女「私ね、6歳のとき交通事故にあって、それ以前に記憶とそれから1年の記憶がないんだ…」

男「え!?」

女「今まで両親にはそれだけ伝えられてきたけど、実は私年子のお姉ちゃんがいたみたいなの」

男「…」

女「お姉ちゃんは私をかばって重傷を負っちゃったんだって。奇跡的に助かったけど、ずっと眠ったまま…」

男「ひょっとして…それを教えられたのって…」

女「うん、木曜日…私が返信遅れちゃった日…あの日お姉ちゃんの脳波に変化が見られて
  ひょっとしたら目覚めるかもしれないから、両親は私にお姉ちゃんのことを打ち明けたの」

男「そっか…それで…」

女「それが木曜日の朝。混乱してるうちにお姉ちゃんのいる病院に行って昨日までずっと泊り込みだったの。
  その病院が結構田舎で、電波、届かなかったみたい。それに気づいたときにはケータイの電池切れちゃったし
  慌ててたから充電器も持ってなくて、ずっと男くんに連絡できなかったの…」

男「…わかった。それで、お姉さんはどうなの?」

女「いい兆候は見られたけどやっぱりまだ意識はないって。だから今日帰ってきたんだ…」

男(俺…女ちゃんが休んでることすら知らなかった…なにやってんだろ…)

守護霊「気にするな。見えないものを理解しろと言う方が無理なんだからな」



353 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 16:01:05.97 ID:jR8GOHdb0
女「…それで…男くん…私の衣装まだみんなに追いついてないんだ…だから…その…」

男「今週行こう!材料を買いに!女ちゃん、今度は大丈夫だよね?」

女「うん!今週は水曜日に祝日があるから、その日でいい?」

男「わかった。今度こそ一緒に行こう!」

守護霊「……うらやましや…」
男(どうせおまえもついてくることになるだろ?)

守護霊「だって男が私以外の女と楽しそうにしてるとこ見たくない…」

男(ごめんな…俺やっぱり女ちゃんが好きなんだよ…こうして女ちゃんを信じられるのもおまえのおかげだよ)

守護霊「なんか嬉しくないぞ…悔しい…」

男(とりあえず邪魔はしないでください)

守護霊「ふーんだ」



354 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 16:24:16.46 ID:jR8GOHdb0
男「じゃあ女ちゃん、また」

女「うん…今日は一緒に帰れるかな…」

男「うーん…またメールするね」

女「わかった…じゃあ…また」

男「うん…」
守護霊「きっと今日も準備忙しくて無理だよ」

男「応援するか妬むかどっちかにしなさい」


女友「おっはよー女ー!下駄箱で突っ立って何してんのー?」

女「なっ、なんでもないよ!」

女友「あ、今なんか隠した!なになにー?見せてよー?」

女「ほんとになんでもないのー!」



355 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 17:14:28.05 ID:jR8GOHdb0
男友「ちーっす。今日は男の方が早かったな」

男「まあな」

男友「ん?なんかいいことあった?ゴキゲンじゃあないか」

男「んー…まあな(守護霊はぶすっとしてるけど)」

男友「おおー?ひょっとしてー?」

男「な…なんだよ、その気色悪い顔…」

男友「ついに女ちゃん相手にリアル野獣になっちゃったかなー?かなー?」

男「うっせ!なるかボケ!」



356 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 17:26:15.06 ID:jR8GOHdb0
国語教師「おーしじゃあ今日はここまでな。次回助動詞やるから予習しとけよー」


男「ふいー、今日も練習が始まるのかー」

男友「じゃ、野獣さん、今日もよろしくお願いします」

委員長男「やあ、2人とも」

男友「あ、委員長男、俺たちに声かけるなんて珍しいですね」

委員長男「まあ今日はちょっと用事があってね、30分ほど遅れるよ」

男「了解です。委員長女さんには」

委員長男「まだ伝えてない。ちょっと急いでるんで、君たちから伝えてくれないか?」

男「まあいいですけど…」

委員長男「ところで…男、君はまだ女さん付き合ってるのか?」

男「付き合ってますが?」

委員長男「そうか…じゃあこれで失敬するよ」



357 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 17:40:11.95 ID:jR8GOHdb0
男友「なんだよアイツ」

男「何が?」

男友「急いでるなら委員長女さんに直接言えばいいのに、なんで俺たちに言うんだ」

男「委員長女さんが苦手とかじゃねーの?」

男友「まったく…あれじゃお前に女ちゃんのこと聞くためにわざわざ来たみたいだろ?」

男「そういえば…」

男友「ま、なんにしても俺は好きになれないタイプかな」

守護霊「…」



358 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 18:01:50.17 ID:jR8GOHdb0
委員長女「ありゃーそうかー委員長男くんにも困ったもんだねー。ま、今日はいっか」

男友「え?なんでですか?」

委員長女「うちの出し物は後夜祭でやるからだよ。だから前夜祭でやるクラスより余裕あるんだ」

男「そういえば出し物についてよく知らないんですが…」

委員長女「あれ?そうだったの?えっとね、まずクラスの半分が発表でもう半分が商売なんだ。
     発表は前夜祭・中夜祭・後夜祭で分かれて、体育館で行ってそれぞれ評価してもらうの。
     商売でも来お客さんに評価用紙を配ってお客さんに評価してもらうの」

守護霊「つまり集客率が高ければ有利。そうでなかったら残念。
    発表と違い全校生徒という固定された得票がない分不利ではあるが、いずれにしても売り上げがあると」

委員長女「で、総合評価がランキングされて、トップ3と特別賞には賞品があるんだよ」

男「なるほどね」

男友「ま、発表組は昼間はブラブラできるわけだ。よかったなー男」

委員長女「そんなわけで準備が整ってるうちのクラスはかなーり余裕なわけですよ」

男友「じゃ大道具でも作りますか」

委員長女「そうねー他にすることないし」

男(メールしとこ)



359 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 18:10:48.98 ID:jR8GOHdb0
男「お待たせ、待った?」

女「ううん、そんなことないよ」

男「じゃあ行こっか」

女「…うん」



男「でさ、男友が断固きのこの山こそ最強とか言うんだよ。俺はたけのこの里のあのビスケットこそ至高だと思うんだけどなー」

女「…」

男「女ちゃん?」

女「…えっ?あ、うん、私はパイの実派なんだ」

守護霊「ほほう、話のわかるやつだな。やはりあのフォルムは他の追随を許さないと思う」

男「そうきたかー。そういえば最近パイの実食べてないなー」



360 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 18:17:33.70 ID:jR8GOHdb0
女「男くん、今日はここまででいいや」

男「え?どうして?」

女「ちょっと…混乱してるっていうか…」

男(お姉さんのことかな…)

女「ごめんね…久しぶりなのに…」

男「いや、いいよ。今日は久々に女ちゃんと一緒で楽しかったし」

女「ありがとう…じゃあ、バイバイ。男くん。また明日…」

男「うん。また明日」

守護霊「…」



361 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 18:27:38.03 ID:jR8GOHdb0
男「ただいまー」

男姉「おかえりー。今度はがんばりなさいよー」

男「え!?なんで知ってるの?」

男姉「あらあらあらあら、やっぱりねー。ま、がんばってきなさいな」

男「姉貴…」
守護霊「プッ、カマかけられたな」



男「あ、やっべそういえば数学の問題集明日提出だっけ」

守護霊「そういえばそうだったな」

男「結構残ってるな…間に合うといいんだけど…」
守護霊「色恋にかまけてるから」

男「高校生らしくていいじゃん」

守護霊「はいはい」



362 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 18:46:21.83 ID:jR8GOHdb0
男「うーん…わからん…」

守護霊「(x-3)が共通因数になってるだろう」

男「お、ほんとだ。やるじゃん」

守護霊「ふふん。伊達に一緒に授業受けてないわ」

男「じゃこれは?」

守護霊「64は4の3乗だから、3次式の展開にならえば…ほら、こうなる」

男「これで期末テストもバッチリだな」

守護霊「うむ、みっちりしごいてやるぞ」

男「えーそういう流れー?」



363 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 21:06:14.64 ID:jR8GOHdb0
男「そういえばパイの実派らしいな」

守護霊「聞き逃さなかったのか。感心感心」

男「でもフォルムしか褒めてなかったよな…やっぱ食ったことねえのか…?」

守護霊「食べたいんだけどなー誰かに憑依してまで食べたいかっていうと…」

男「貸してやろうか?」
守護霊「え?」

男「体」

守護霊「え?え?」



364 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 21:15:23.84 ID:jR8GOHdb0
男「ちょうど買い置きあるしさ。いいよ別に。普段世話になってるわけだしさ」

守護霊「ほんと?ほんと?ほんとにいいの?」

男「うん。い、痛くはないよな?」

守護霊「うむ、急速に睡眠に落ちるような感覚だけだから大丈夫だぞ」

男「おし、どんとこい」

守護霊「じゃあ…いくぞ…」



365 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 21:22:47.22 ID:jR8GOHdb0
男「うむ、やはり長年憑いてるだけあって慣れがいいな」

男「さーてパイの実パイの実っとー♪」


男「おお!なんだこのサックリとした食感…甘過ぎず、それでいて味全体のアクセントとなり統一している…」

男「…何言ってるんだ私は…」

男「ふう、堪能した…人間というのも悪くないな」

男「…いや、人間になれれば…男に触れるのに…」

男「!!男に…触れる…?」

男「なるほど、この手があったか…」



守護霊「男、ありがとう。実にうまかったぞ」

男「ん?ああ、そうか、体貸したんだっけ。喜んでもらえてなによりだ」

守護霊「………」

男「…なぜほほを赤らめてる」



366 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 21:28:18.09 ID:jR8GOHdb0
男姉「男ー、愛しの女ちゃんがきたわよー」

男「他に言い方あるだろ!恥ずかしいなもう!」

女「あはは…」
守護霊「まあ苦笑もするわな」

男「いってきまーす!」



男「女ちゃん数学の課題終わった?俺終わんなかったんだ…」

女「うーん…数学は終わったんだけどね…」

男「ほんと!?じゃあ」

女「ダーメ。男くん自分でやらなきゃダメだよ!」

男「うう…」

女「数学は終わったんだけどね、英語の方ができてなくて…」


男「え?」
守護霊「え?」



367 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 21:36:58.35 ID:jR8GOHdb0
男友「おっす、お二人さん。そういえばこのメンツ久々だな」

男「おっす」

女「おはよ」

男友「じゃあこの空間は俺にはツライから先に行ってるわ」

守護霊「その空間に常にいる私はもっと労われてもいいと思う」

男「(はいはい)じゃ、女ちゃん。また帰りに」

女「…」

男「女ちゃん?」

女「あっ、うん!ごめんね、ボーっとしちゃって、また帰りにね!」



368 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 21:41:19.31 ID:jR8GOHdb0
英語教師「じゃあ今日課題提出しなかった者は木曜日まで待つからやってこいよー。やってこなかったら課題2倍な」

男友「マジかよ…」

男「マジかよ…」

守護霊「ま、がんばれ」



委員長女「そろそろ通しでやってみよっかー」

男「え?でもまだ大道具小道具揃ってないですよ」

委員長女「本番までに間に合えばいーのいーの。とりあえず進行やってみないとどんな感じかわかんないしね」

男(そだそだ、メールメール…ん?)



件名 ゴメンね〓

今日ちょっと用事があって帰り一緒に帰れないんだ〓



男「ふむ…」



件名 Re:ゴメンね〓

わかった。じゃあまた明日だね〓楽しみにしてるよ!



男「…」
守護霊「どうした?ご不満そうだな」

男「…まあね」



369 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 22:03:34.57 ID:jR8GOHdb0
男「ただいまー」

男姉「おかえりー明日はがんばんなさいよー」

男「言われなくてもがんばるよ」

男姉「ふふーん」
男「あ…」

守護霊「またカマかけられたな」



370 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 22:09:48.28 ID:jR8GOHdb0
男「9時45分か。…!」
守護霊「早いな」

女「えへへ…今日は絶対遅れないようにって思って…」

男「女ちゃん…」

女「行こっか!」

男「うん!」

守護霊「…?」



371 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 22:16:25.67 ID:jR8GOHdb0
男「材料ってどこに売ってるのかな…?」

女「……え、ああ、うーん…私不器用だから1から作る自信ないしなあ…」

守護霊「100均で売ってるレインコートみたいなのをいじるのはどうだ?」

男「(なるほど)じゃあさ、100均でレインコートみたいなの買ってそれっぽくするのはどうかな?」

女「おー。男くん頭いいー!

男「さっそく行ってみよう」

男(守護霊、サンキュな!)
守護霊「…うむ」



372 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 22:32:01.04 ID:jR8GOHdb0
男「雑貨屋さんってなんかいいよね」

女「うん…気がまぎれるっていうか…」

男「え?」

女「ううん、なんでもない。あ、これどうかな。よいしょ…ほら」

男「ぴったりだね!ちょうど色も白だし」

女「ついでに顔料も買っちゃお」



373 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 22:40:59.94 ID:jR8GOHdb0
男「一通りそろったかな?」

女「うん。おかげさまであんまり歩き回らないで済んだよ」

男「じゃあ…さ、このあと映画でもどう…かな?」

女「………うん」

男「よかった、じゃあ女ちゃん何が観たい?」

女「えっとね……」






374 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 22:53:16.48 ID:jR8GOHdb0
男「おもしろかったね!」

女「うん、ついにカオル君でてきたしね。本編に入った!って感じだったね」

男「あ…」

女「どうしたの?」

男「ちょっと待ってて」

女「うん」



男「ただいま」

女「どうかしたの?」

男「ううん、なんでもないよ。行こ」



375 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 23:20:36.19 ID:jR8GOHdb0
男「じゃあ俺ちょっとトイレ行ってくるね」

女「うん、わかった。ここで待ってるね」



守護霊「なあ男、おっと、覗いてないぞ?」

男「あたり前だ」

守護霊「…お前気づいてるだろ?」

男「……うん…最近の女ちゃん、なんかおかしい…」

守護霊「…」

男「どこかよそよそしいし、よく上の空だし…」

守護霊「…また何かあったのかもな…」

男「…」

守護霊「聞くか聞かないかはお前の自由だ。でも不安になってるんだろ?」

男「…」



376 名前:306[sage]:2009/07/26(日) 23:32:02.11 ID:jR8GOHdb0
今日はここまでです。
実は本筋以外あんまりストーリー考えてないんで募集したいと思います。
範囲は出しませんが
1・文化祭までに起きてほしいイベント
2・文化祭中に起きてほしいイベント
を主にお願いしたいです。
今までの筋を大きく脱線したりしていなければどんなのでもできるだけ書いてみます。
>>1さんのナイスな設定に稚拙な文章で挑んでますが、ここまで付き合ってくれてありがとうございます。
かなりオナニーになってますが、それなりになってるでしょうか?
心配を残しながらも、ここで山場です。
明日から投下がさらに遅くなると思いますが、よろしければ待っててください。
規制にかからないことを祈りつつ、最後までよろしくお願いします。



男「お待たせ」

女「おかえり」

男「…」

女「?」

男「…ねえ、女ちゃん、俺になにか隠してる…?」

女「……隠してないよ…」

男「…本当…?」

女「…隠してないよ!これは私の問題だもん!私が決めなくちゃいけないの!……だから…聞かないで……」


1・男「女ちゃん…俺不安なんだ…しつこいのはわかってるけど、どうしても聞かなきゃ気がすまないんだ!」

2・男「…わかった…今は聞かないよ…でも約束して。いつかちゃんと聞かせてくれるって」

3・男「…なんでだよ…俺たち付き合ってるのにどうして教えてくれないのさ……女ちゃん…しばらく…距離を置こう…」

>>383
までで多かった方に。遠いですか?



377 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/27(月) 00:02:25.01 ID:Pg8WCTej0
2だな
イベントは文化祭中女がいない隙に守護霊と文化祭回ってうっかりしゃべっちゃって男友にあやしまれたりするなんてのは?
駄文ですまない



378 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/07/27(月) 19:15:44.52 ID:xZi/JHfNO


長続きさせるため2



379 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/07/27(月) 19:59:41.81 ID:3wxcUM20O
空気を読まず3



380 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/07/27(月) 20:01:50.73 ID:sjZkcluv0
あえて一回かき回すために3



381 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/27(月) 20:20:35.10 ID:Blp/TelH0
kskst



382 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/28(火) 03:05:31.52 ID:YjaoeqzE0
あえて地雷っぽい1



383 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/28(火) 06:47:57.27 ID:gMDa/ATk0
まさかの1



384 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/07/28(火) 21:09:46.29 ID:XrU+XGcO0
守護霊にチャンスを…
ってことで、3


386 名前:306[sage]:2009/07/29(水) 22:24:26.28 ID:Up0uaXzn0
男「…なんでだよ…俺たち付き合ってるのにどうして教えてくれないのさ……女ちゃん…しばらく…距離を置こう…」

女「え…?どうして?男くん、付き合ってたら話したくないことも話さなくちゃいけないの?ねえ…」

男「……じゃあ…また明日…」

女「そんな…」

守護霊「おい!!お前自分がなにを言ってるかわかってるのか!?」

男「うるさいな!もうほっといてくれよ!!」

女「!!」

男「あ…」

女「………うっく…ひっく…」

ダッ

守護霊(しまった…諭すつもりが裏目に出てしまった…)



387 名前:306[sage]:2009/07/29(水) 22:32:07.84 ID:Up0uaXzn0
男姉「おかえりー」

男「…」

ドタドタドタ

バタン!!

男姉「…ったく。我が弟ながら不器用なやつ」



男「…」

守護霊「…」

男「…」

守護霊「…」



388 名前:306[sage]:2009/07/29(水) 22:41:51.16 ID:Up0uaXzn0
男「何の用事もないなら出てけよ」

守護霊「そうはいかん。私はお前の守護霊だからな」

男「……お前さあ!」

守護霊「ごめん…」

男「……」

守護霊「………ごめん…なさい…」

男「………何がだよ…」

守護霊「……あのタイミングで話しかけられたら誰だってああ言ってしまう…」

男「………」

守護霊「…私のせいだ…」

男「………」



389 名前:306[sage]:2009/07/29(水) 22:55:41.20 ID:Up0uaXzn0
男「………俺も…感情的になりすぎた…」

守護霊「…」

男「頭冷やすよ…守護霊、悪かった。八つ当たりなんかして…でも…今は一人にしてくれないか…」

守護霊「……断る…」

男「………」

守護霊「一人にしたくない…」

男「………」

守護霊「……だめか…?」

男「………サンキュ…」

守護霊「……うん…」



390 名前:306[sage]:2009/07/29(水) 23:04:14.04 ID:Up0uaXzn0
守護霊「くー…くー…」

男「おい守護霊!起きろ!学校行くぞー」

守護霊「…ん…?ああ、朝か…いつの間に寝てたんだろ…」

男「珍しく早起きしたんだ」

守護霊「早起きって……まだ6時じゃないか…夜だぞ夜」

男「太陽が見えんのか」

守護霊「なんでまたこんなに早起きしたんだ」

男「たまにはこういうことがあってもいいだろ」

守護霊「ふむ……」



391 名前:306[sage]:2009/07/29(水) 23:41:09.37 ID:Up0uaXzn0
男「いってきまーす」

男母「今日はえらく早いわね…」

男姉「ねー」

男母「…どうしたのかしら…」

男姉「さあねー」


男「…」

守護霊「…」

男「…」

守護霊(馬鹿者…クマが隠せてないぞ…)



392 名前:306[sage]:2009/07/29(水) 23:47:09.48 ID:Up0uaXzn0
男「おっはよー!男友!」

男友「え…?うん…おはよう…」

男「どうしたんだよ、爽やかじゃないな」

男友「いや…なんていうか…そのテンションキモイ…」

男「んだと!」

委員長男「おはよう」

男「あ、おう」

男友「おいっす」

委員長男「男、どうした?クマがひどいぞ?」

男「え?」

男友「マジ?うわーほんとだ。お前寝てないのかよ」

男「はは、いやー昨日間違って映画1泊で3本借りちゃってさ」

男友「ブハっ!お前ばかだろ!」

委員長男「まあクラス練習に支障のないようにな。主役がいなきゃ立ち回りもできないことを自覚しておけ」



393 名前:306[sage]:2009/07/29(水) 23:53:05.23 ID:Up0uaXzn0
守護霊「あ…」

男「なんだよ?…あ…」

女「…!」

女「………」

守護霊(そそくさと逃げるように…)

男「………」

守護霊「追わんのか?」

男「………」

男友「男、どうかしたか?」

男「…いや、なんでもない。行こう」



394 名前:306[sage]:2009/07/29(水) 23:58:44.51 ID:Up0uaXzn0



守護霊(金曜日か…)

守護霊(何度か女と顔を合わせそうな機会があったが…)

守護霊(………)

守護霊(あのバカ…私の気も知らないで…)



395 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 00:02:35.22 ID:mIFWYIdc0
委員長女「みんなお疲れ様ー!」

男友「だいたい形になってきたな」

男「ああ。この分なら余裕で間に合うな。ところで土日の練習はどうなってるの?」

委員長女「あー…それなんだけど…申し訳ない!実は土曜日の使用届けが間に合わなかったんだ…」

男友「えー…それちょっと心配だよ委員長…」

委員長女「でも大丈夫!日曜日はとれたから!使用2日前提出にギリギリセーフだよ!」

守護霊「ふむ…じゃあ男、明日暇だよな?」

男(え?まあ暇だな。でもなんでさ)

守護霊「じゃあちょっと付き合ってもらおうか。見たい映画があるんだ」

男(えー…めんどくさいな…)

守護霊「鳥のフンから守ってやったのは誰かな?」
男(あーもう!わかった!わかりましたよ!)



396 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 00:11:52.73 ID:mIFWYIdc0
男「ただいま」

男姉「おかえり」

男「…なに?」

男姉「昔ねーちゃんさ、手首折ったじゃない?」

男「え?ああ、そういえばそんなことあったな」

男姉「ま大丈夫だろうとタカくくって放っておいたらさ、どんどん痛くなって、とうとう炎症起こしたんだよ」

男「………だからなんだよ…」

男姉「あんたは骨折したらさっさと病院いきな」

男「………」

トタトタトタ

バタン

男姉「素直じゃないねえ」
守護霊「ほんとほんと」



397 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 00:22:05.20 ID:mIFWYIdc0
守護霊「おーい」

男「なに?」

守護霊「……」

男「なんだよ」

守護霊「……話す内容考えてなかった…」

男「えーないわー」

守護霊「…だって、とりあえずなんか話かけたくて…」

男「…ったく、無理に話さなくてもいいだろ?どうせこれからも一緒なんだし、時間はいくらでもある」

守護霊「時間があるというと、時間はなくなるんだぞ」

男「…ナニソレ」

守護霊「誰かさんの夏休みの予定だが?」

男「もー怒った!寝る!俺は寝るぞ!」

守護霊「怒らなくても寝るつもりだったくせに」



398 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 00:29:09.18 ID:mIFWYIdc0
守護霊「男!起きろ!」

男「んー…?なんだよ…」

守護霊「約束!映画見にいかせてくれるんだろ!」

男「一人でいけよ…どうせタダなんだし…」

守護霊「守護霊だからお前が一緒じゃなきゃどこにも行けんのだ」

男「はいはい、ふぁ~あ」

守護霊「お前は自分を守ってる者をぞんざいに扱いすぎやしないか?」



399 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:03:24.91 ID:mIFWYIdc0
守護霊「昨日はお楽しみでしたね」

男「おまえのおかげで最近ご無沙汰なわけだが」

守護霊「…?なんのことだ?」

男「え?」

守護霊「昨日は、今日のことが楽しみだったな、って言ったんだが…」

男「うむ、大変紛らわしいので途中はしょって話さないように!」

守護霊「よくわからんがわかった」

男「で、おまえは何が見たいんだ?」

守護霊「うーむ…じゃあサマーウォーズ」

男「じゃあってどういうこと?」



400 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:23:07.34 ID:mIFWYIdc0
男「それにサマーウォーズまだやってないんだが」

守護霊「うーむ…じゃあ…」

男「だからじゃあってなんだよ、じゃあって」

守護霊「…ボルト!」

男「あーよくCMやってるよな」

守護霊「うむ」

男(実は…)

守護霊(昨日寝れなかったんだけど…)

男「まとりあえず時間あるみたいだし飯を食おう」

守護霊「私は平気だがな」

男「ものすごくうまそうに食ってやる」



401 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:28:17.12 ID:mIFWYIdc0
守護霊「ただのファーストフードじゃないか」

男「だまらっしゃい。学生の財布がそんなに豊かだと思うなよ」

守護霊「どっちにしろ欲求のない私をそそるものなどパイの実くらいしかないがな」

男(パイの実は食事に入るのだろうか…)

守護霊「パイの実に謝れ」

男「なぜわかった」

守護霊「うむ」

男「まあ守護霊も食ってみろよ」


男「はっ!!あれ?俺のバーガーが消えてる…」

守護霊「なかなかうまかったぞ。たまにはモノを食うのもいいな」

男「しっかり腹がバーガー分膨れてるのになんだ、この損失感は…」



402 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:36:20.86 ID:mIFWYIdc0
男「うーむ、まだ時間あるな」

守護霊「うーむ、まだ時間あるな」

男「真似する必要なくね?」

守護霊「じゃあ!じゃあ!あの店行ってみよう!」

男「えー…ファンシーすぎだろ…周りからはお前が見えないんだぞ…」

守護霊「そうか…じゃあしかたないな…」

男(あれ?えらく素直だな…)

守護霊「どうなっても知らんがな」

男「ようし、あの店行ってみようか」



403 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:38:40.98 ID:mIFWYIdc0
守護霊「かわいい…」

男「うわ…かわいい…」

守護霊「よいではないか。なにが不満なのだ」

男「…」

守護霊「おい」

男「話しかけるんじゃない、想像してみろ」

守護霊「?」

男「ファンシーショップに単独潜入し独り言を呟く高校男児の姿を」

守護霊「心底どうでもいい」

男(お前は自分が守ってる者をぞんざいに扱いすぎやしないか?)



404 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:40:48.91 ID:mIFWYIdc0
男「あ、そろそろ時間だぞ」

守護霊「…」

男「?」

守護霊「…」

男(オルゴールコーナー…)

男「…欲しいのか?」

守護霊「ん?ん?んんっ!?」

男「欲しいなら買ってやるけど」

守護霊「いやいやいやいや!私はこんなもの似合わないしっ」

男「いいよ、オルゴールくらいなら。俺知らんうちに世話になってるんだろ?」

守護霊「えっと…えっと…」

男(ゲッ、よく見るとどれも装飾凝ってるし上の人形も動いたりで手が込んでる…お財布に大打撃かなこりゃ…)

守護霊「…じゃあ…これがよい…」



405 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:42:46.27 ID:mIFWYIdc0
男(ん?なんだ箱もただの立方体でやけにシンプルだな…お、安い)

守護霊「…これがほしい…」

男「もしかして俺に遠慮してる?好きなの選んでいいんだぞ(見栄だけど…)」

守護霊「フフ、これがいいのだ。野獣さん」

男「?」


『Beauty and the Beast & more』


男「なるほどね」

守護霊「これ…もうひとつちっちゃいオルゴールがついてくるみたいなんだ…」

男「なかなかお得ですね」

守護霊「…うむ…」



406 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:44:46.92 ID:mIFWYIdc0
男「上映5分前か…」

守護霊「どうにか間に合ったな」

男「ああ、席が2つ空いてなかったらどうしようかと思った」

守護霊「…空いてなかったら…どうするつもりだったんだ…?」

男「…たぶん…いや、なんでもない…」

守護霊「え、おい、答えよ、どうするつもりだったんだー」

男「なんでもないーほら、始まるぞ、静かにしてろ」

守護霊「うむ」



407 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:46:48.39 ID:mIFWYIdc0
男(いやー)

守護霊(それにしても)

男(満腹なのも手伝って)

守護霊(すっかり寝てしまったなあ…)

男「楽しかったな!」

守護霊「うむ!途中ボルトが波動みたいなの出すのとかすごかったな!」

男「え?」

守護霊「え?」

男「ああ、あそこか!すごかったな!」

守護霊「だよな!だよな!」

男(あぶないあぶない…)

守護霊(CMのシーン適当に言ったんだがどうにかしのげたか…)



408 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:48:48.84 ID:mIFWYIdc0



守護霊「それでお前おねしょしたかと思ったら飛び起きて泣きながら母のもとに一目散だったぞ」

男「ないって!絶対そんなことなかった!」

守護霊「いーやあったね。あの頃は鼻ほってばっかだったな」

男「う…それは思い当たる…」

守護霊「…もう10年か…」

男「俺からしたら2週間くらいだけどな」

守護霊「…」

男「…どうしたんだよ」

守護霊「…まだ…怒ってるのか…?」



409 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:50:48.02 ID:mIFWYIdc0
男「………」

守護霊「女と仲直りする気はないのか…?」

男「………」

守護霊「もう…女のことが嫌いになったのか…?」

男「………」

守護霊「それとも霊…」

男「………」

守護霊「謝る勇気なないだけか…?」

男「うるさいな!!!」



410 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:52:52.27 ID:mIFWYIdc0
男「なんでお前にそんなこと言わなきゃいけないんだよ!」

男「わかってるんだろ!?俺がそのこと言いたくないって!!」

男「わかってるくせに…わかってるくせになんでわざわざ言うんだよ!!」

男「俺は女ちゃんのことが知りたいだけなんだよ…!」

男「大好きな子が悩んでたら力になりたいと思うだろ…!!なんでそれがいけないんだよ…!!」

男「なんでお前はほじくり返すんだよ…やっと落ち着いてきたのに…」

男「なのになんで言わなきゃいけないんだよ!!守護霊なら俺のことなんでも知らなきゃいけないのかよ!!」

男「はあ…はあ…」



411 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 01:59:11.01 ID:mIFWYIdc0
守護霊「お前は優しい子だからわかってくれたと思う…」

男「………うん…」

守護霊「………それと…男…私はお前が好きだ」

男「………」

守護霊「大好きだ」

男「………」

守護霊「だから…ひとつ、聞いておきたいことがある…」

男「………」

守護霊「………お前は」

男「守護霊………今日はもう帰ろう」

守護霊「………うむ…」

男「………ありがとな…」

守護霊「………ちゃんと……仲直りするんだぞ………」



412 名前:306[sage]:2009/07/30(木) 02:05:04.89 ID:mIFWYIdc0
ミスした/(^o^)\
今日はここまでです。
最初に言うべきでしたが安価ありがとうございました。
安価6つ先はとりあえず遠いですね、反省。
>>377
 イベントは文化祭中女がいない隙に守護霊と文化祭回ってうっかりしゃべっちゃって男友にあやしまれたりするなんてのは? 駄文ですまない
    
ネタありがとうございます!書けそうなので書いてみますね!
こんなオナニーSSに保守してくださって本当にありがとうございます!



守護霊「…」

男「………そうか…」

守護霊「男…」

男「………」

守護霊「…悪かった…」

男「………」

守護霊「他にもやり方があったかもしれない…だけど、お前に直接感じて欲しかったんだ…」

男「………」

守護霊「私は…お前に幸せになってほしいんだ…」

男「………」

守護霊「お前だけじゃない、お前に関わる、いろんな人にも幸せになってもらいたい」

守護霊「だから…お前には大事にしてもらいたいことがあるんだ…」

93
守護霊「お前は優しい子だからわかってくれたと思う…」

男「………うん…」

守護霊「………それと…男…私はお前が好きだ」

男「………」

守護霊「大好きだ」

男「………」

守護霊「だから…ひとつ、聞いておきたいことがある…」

男「………」

守護霊「………お前は」

男「守護霊………今日はもう帰ろう」

守護霊「………うむ…」

男「………ありがとな…」

守護霊「………ちゃんと……仲直りするんだぞ………」



413 名前:306[sage]:2009/08/01(土) 01:35:43.91 ID:XoyfEpdp0



男姉「ふあー…おはよ…」

男母「おはよう、あんたねえ、日曜日だからって寝すぎよ」

男姉「えー?昼まで寝るなんて普通よ、フツー。バイトないんだしたまにはゆっくりしたいじゃない」

男姉「あれー?なに?男どっか行ったの?」

男母「ああ、なんか日曜練習らしいわよ。そういえばあと1週間前で文化祭ねえ」

男姉「ふーん………しっかりやれよ…」



414 名前:306[sage]:2009/08/01(土) 01:56:22.32 ID:XoyfEpdp0
男(今日は女ちゃんのクラスも練習あるって聞いたな…)

守護霊「………」

男「どうしたもんかな…」

守護霊「ん?何がだ?」

男「だってさ……顔、合わせづらいじゃん…」

守護霊「だから謝るんだろ」

男「どう謝ったらいいかわかんないしさ…」

守護霊「心を込めて謝ればよかろう」

男「もし拒否られたら…」

守護霊「そんなことその時考えればいいだろう」

男「なんか謝るってたいしたことないことみたいな気がしてきた」

守護霊「そうかもな。でもなかなかできないのはどうしてだろうかな…」

男「…ほんと、どうしてだろうな…」



415 名前:306[sage]:2009/08/01(土) 01:59:45.70 ID:XoyfEpdp0
女「あ…」

男「あ…」

女「…っ!」

男「待って!女ちゃん!」

女「………」

男「こないだは…ごめん…」

女「………」

男「もう…聞かないから…仲直り…してください…」

女「………」

男「友達からでもいい!やり直したいんだ!女ちゃんが好きだから!」

守護霊(………これで…いいのだ…)



416 名前:306[sage]:2009/08/01(土) 02:03:51.95 ID:XoyfEpdp0
女「………やり直そう」

男「女ちゃん…」

女「もう1回…最初から付き合おう」

男「うん…うん…」

女「えへへ…こう改まるとなんだか恥ずかしいね…」

男「そうかも…でも、それより俺、今嬉しくて…」

女「衣装、できたんだよ」

男「本当?」

女「うん。今度男くんに見せてあげるね」

男「うん…」

女「………じゃあ…クラスの方行くね…」

男「うん…」



417 名前:306[sage]:2009/08/01(土) 02:06:12.35 ID:XoyfEpdp0


男「…」

守護霊「カッコよかったぞ」

男「…サンキュ…」

守護霊「…」

男「…」

守護霊「…」

男「クラス、行くか」

守護霊「うむ」



418 名前:306[sage]:2009/08/01(土) 02:07:51.94 ID:XoyfEpdp0



男「終わったー」

守護霊「もうすることもなくなってきたな」

男「…」

守護霊(…今日は女いないんだな…)

男「帰ろうか」

守護霊「そうだな」



422 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 20:26:49.74 ID:Z++qs5kT0
保守ありがとうございます><



守護霊「男」

男「ん?」

守護霊「…幸せになるのだ…」

男「ん…うん…」

守護霊「じゃなきゃ…お前を諦められない…」

男「………なあ…やっぱり言ってくれないか…?」

守護霊「…何を……?」

男「………昨日…いいかけたこと」


男友「おー?男じゃん、どしたの、こんなところで」

男「お前空気読めってよく言われない?」



423 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 20:51:36.05 ID:Z++qs5kT0
男「ただいまー」

男姉「おかえりー」

男母「すぐごはんよ」

男「ん」

男姉「そういえばさ、美女と野獣って一般公開するの?」

男「…」

男姉「…」

男「しな…」

男姉「見に行くわ」

守護霊「弟は姉ってものには敵わんな…」



424 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 20:56:13.50 ID:Z++qs5kT0
男「ふあぁ…」

守護霊「ごきげんよう」

男「ごきげんよう」

守護霊「木曜日だな」

男「木曜日ですね」

守護霊「明日は前夜祭だっけか?」

男「ああ」



425 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 21:11:42.13 ID:Z++qs5kT0
男「いってきまーす」

男姉「いってらー」



男「おっす」

男友「おっす。なあ知ってるか?」

男「知らんな」

男友「なんだお前遅れてるなー」

男「内容も言わずに知ってるかもないだろ」

男友「市民グラウンド知ってるだろ?」

男「ああ、学校の敷地から遠く離れたあそこか」

男友「なんかさ、今年ゲリライベントがあって、そこで後夜祭にフォークダンスとか花火とかキャンプファイヤーやるんだってさ」



426 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 21:25:52.24 ID:Z++qs5kT0
男「ふぉおくだんす?」

男友「まあゲリラだからな、参加も有志なんだとさ」

男「教師に見つかったらやばいんじゃないの?」

男友「やばいかもなー」

男「ですよねー」

男友「でも楽しそうじゃん」

男「花火とかって金はどうすんのさ」

男友「なんか生徒会が文化祭の告知してたら去年の売れ残りもらったんだって」

男「おお!…湿気てそうだな…まタダなだけ得か」

男友「そうそう。で、希望者は各教室委員長、副委員長を通じて土曜までに会長に一報入れろってさ」



427 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 21:35:15.84 ID:Z++qs5kT0
男友「楽しみだよなー、うちの生徒会予算ギリギリで例年こういうのないんだってさ。ラッキーだな!」

男「ところでキャンプファイヤーの準備は誰がやるんだ?」

男友「それも有志らしい。手伝ったやつが所属する部は部室審査免除だってさ。準備が終わるまでの早いもの勝ちだとさ」

男「じゃあ部室がない俺らは関係ないな」

男友「ま、俺は行くけどな」

男「え?なんで?お前そんないい子だったっけ?」

男友「だってさ、フォークダンスで一緒に踊る女子探したいじゃん?」

男「なるほど」



428 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 21:54:20.84 ID:Z++qs5kT0
委員長女「美女と野獣で踊るなんてのはどうかな?」

男友「うおっ!」

男「いつの間に…」

男友「心底よしてください」

委員長女「だめかー。うちの出し物のあとだからちょうどいいかと思ったんだけどねえ」

守護霊「きっと盛り上がりそうだな、フフ」

男「本当にご勘弁ください」

男友「それなら委員長女さん一緒に踊ってくださいよ!」

委員長女「えー?どうしよっかなー。あははは」



429 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 22:01:36.72 ID:Z++qs5kT0
男(ダンスか…)

守護霊「ちょうどいいじゃないか」

男(なにがだよ?)

守護霊「せっかく仲直りしたんだ。女を誘えばよかろう」

男(1回壊れたものはな、まったく同じにはならないの)

守護霊「腰抜け」

男(なにおう!)

守護霊「女一人誘うこともできないんだろ?」

男(まだ時間があるんだ。もう少し考えるよ)

守護霊「時間があると言ってると」

男(時間はなくなるんだろ?わかってます)



430 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 22:16:42.79 ID:Z++qs5kT0
守護霊「だいたいなにを迷っておる」

男(うーん…なんだろうな…なんかこのまま誘っていいのかっていう…)

守護霊「腰抜けー」

男(うっせ)



キーンコーンカーンコーン



女子1「ねえねえイベント行く?」
女子2「うーん、迷ってる。ダンスのパートナーいないし」
女子1「でも花火だよ、花火!それに現地で見つかるかもしれないし!」

男友「おおう…夢は広がるばかりだな…」

委員長女「よーし、じゃみんな、ガッツリ練習できるのは今日が最後だよー!」

男「え?明日も明後日も全然時間ないんですか?」

委員長男「明日は文化祭の準備と前夜祭の準備、前夜祭本番とその片付け」

委員長女「明後日は文化祭本番で中夜祭の準備はあるし後夜祭のために私たちいないし」

男友「じゃあ各自練習ってことになるのか…」

委員長女「全員集まっててまとまった時間がとれないだけだから、希望者が時間あるときに集まることはできるよ!」

男「でも実質これが本番最後の通し練習になるのか…」

委員長男「そういうことだ。じゃあみんな持ち場について…用意…」



431 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 22:24:20.68 ID:Z++qs5kT0
男友「上出来じゃないかしら?」

男「おいおい、女言葉女言葉」

委員長女「そうだねー今までで一番よかったよ!これなら本番も安心だね!」

委員長男「よし、みんな片付けを始めてくれ。最終下校過ぎてしまったからな」

男友「あーあ、間に合っちゃったなあ」

男「結構なことじゃん。なにが不満なんだ?」

男友「宿直の先生に見つからないようにこっそり学校に泊まって準備するの憧れてたんだよ…」

男「まあ来年もあるし」

男友「バッカ、お前がいなかったらつまんねえだろ!」

男「心配しなくてもどうせ腐れ縁だよ」



432 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 22:43:09.93 ID:Z++qs5kT0
男「…」

守護霊(…今日も女はいない…か)

男「疲れたな…」

守護霊「お疲れ様」

男「…なあ、今さ、不可変運命だっけ?あれ、どうなってる?」

守護霊「…とくに変わりない。お前が女と別れてないからな」

男「そっかー。じゃあやっぱりまだ付き合ってるんだなー」

守護霊「…」



433 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 23:06:22.84 ID:Z++qs5kT0
男姉「お、おかえりー」

男「ん」

男姉「どうよ?」

男「何?」

男姉「野獣」

男「ああ。順調だけど」

男姉「ほほーう。結構結構。本番楽しみにしてるよ」

男「ニヤニヤすな!」



434 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 23:14:25.33 ID:Z++qs5kT0
守護霊「そういえばお前当日は何か予定あるのか?」

男「あー、そういえばなにもないな。帰宅部だし」

守護霊「男友と回るのか?」

男「未定」

守護霊「ふむ、それならば…えと、その…」

男「一緒に回るか」

守護霊「え?」

男「一緒に回ろうって言ったんだけど」

守護霊「どういうこと?」

男「俺そんなに難しいこと言ったかな?」



435 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 23:18:23.24 ID:Z++qs5kT0
守護霊「だってお前からそんな殊勝なこと言うなんて…熱でもあるのか?」

男「ないよ」

守護霊「じゃあ悪いもの食ったか?

男「記憶にござらぬ」

守護霊「まさか憑かれてるんじゃないだろうな?」

男「お前以上にタチ悪いやつに憑かれたらたまったもんじゃない」

守護霊「じゃあ…疲れてるとか…」

男「ひょっとしてうまいこと言ったつもりか?」

守護霊「……こんな時どんな風にしたらいいかわからぬ…」

男「喜べばいいと思うよ」



436 名前:306[sage]:2009/08/02(日) 23:21:17.10 ID:Z++qs5kT0
男「まあいつかわかんないけどさ」

守護霊「うむ、よいぞ!よいぞ!」

男「どんだけ時間とってやれるかもわかんないけどな」

守護霊「よい!よい!」

男(ここまで喜ばれるとなんか照れるな…)

男「つか諦めるとか言ってなかったか?」

守護霊「えーそんなこと言うのー?ないわー」

男「なんなんだよ」



437 名前:306[sage]:2009/08/03(月) 00:06:50.58 ID:Z++qs5kT0
男「じゃ、もう寝よう」

守護霊「うむ」



~♪~♪



男「…」

守護霊「~♪」

男「あのさ」

守護霊「なんだ?」

男「昨日はツッコまなかったけどさ」

守護霊「うむ」

男「オルゴール鳴らすならもうちょい目の覚めてる時間にしない?」

守護霊「けちんぼめ…」



438 名前:306[sage]:2009/08/03(月) 00:10:00.56 ID:PsWJnGpJ0
男「いってきまーす」

守護霊「ふあ…やることがないのになぜこんなに早く行くんだ」

男「準備を見回るのも楽しいだろ?」

守護霊「ほほう」

男「クラスでも暇なやつは集まってるかもしれないしさ」

守護霊「しかたない、それならば付き合ってやろう」

男「はいはい、ありがとうございます」

守護霊「で、具体的にどこに行くんだ?」

男「うーん…そうだな…」


1・教室に行ってみよう

2・ゲリライベントの準備を見に行ってみよう

3・女のクラスに行ってみよう

4・やっぱり屋上で一眠り

>>341までで多かったやつを
近すぎですか?



439 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/03(月) 01:10:10.07 ID:qrXl8CjdO
2



440 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/03(月) 02:38:01.11 ID:zZzfjloUO
1



441 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/03(月) 02:44:09.33 ID:0+ZStxnWO




442 名前:306[sage]:2009/08/03(月) 03:21:04.66 ID:PsWJnGpJ0
ケータイからすみません
きれいに割れてしまったので>>345



443 名前:306[sage]:2009/08/03(月) 03:22:42.35 ID:PsWJnGpJ0
うっかり途中で書き込んでしましました(´・ω・`)
>>347まで延長します。よろしくです



444 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/03(月) 06:51:47.49 ID:N1B3JT9x0
1



445 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/03(月) 10:37:00.71 ID:smMT82H5O




446 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/03(月) 14:23:07.85 ID:DZldkVTF0
3



447 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/03(月) 18:07:42.04 ID:CEjiDmKQ0
2



448 名前:306[sage]:2009/08/03(月) 18:32:16.43 ID:PsWJnGpJ0
選択肢4つあるとキリがないですねw
>>451に決めます



449 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/03(月) 21:33:34.29 ID:8q5N07DY0
1
続き楽しみにまってるぞ^^


451 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/03(月) 22:32:49.73 ID:smMT82H5O


452 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 01:15:39.75 ID:1RyB0yXh0
>>449
ありがとうございます。ものすごく励みになりますw


男「じゃあ…女ちゃんのクラスに行ってみよう」

守護霊「そうか」

男「…怒ってる?」

守護霊「怒ってはいない」

男(ううむ…)

守護霊「ま、いいさ。どんなにお前が好きでもどうにもならないしな」

男「…衣装、見てやらないとさ」

守護霊「…そうだな」



453 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 01:43:28.80 ID:1RyB0yXh0
女子「女ちゃん?えーっと、今いないのよね」

男「え?まだ学校に来てないの?」

女子「ううん、クラスの準備が終わっちゃってさ。今日は解散ってことになったんだ」

男「そうなんだ」

女子「男くん…だよね?女、最近調子悪そうでさ、文化祭も忙しいかもしれないけど元気付けてあげてね」

男「…うん…ありがと」



454 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:08:48.53 ID:1RyB0yXh0
守護霊「まさかの展開だな」

男「まったくだよ。ウチのクラス以外にも準備終わったクラスがあるとは」

守護霊「どうするんだ?」

男「んーそうだなーこのまま帰るのもつまんないし、もうちょいブラブラするよ」

守護霊「女を探すのか?」

男「…どうなんだろうな?」

守護霊「答えになってとらんぞ」

男「そうだろうね」

守護霊「…ケータイ使わんのか?」

男「…まあね」



455 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:11:12.84 ID:1RyB0yXh0
守護霊「おい」

男「なによ」

守護霊「暇」

男「んなこといわれてもな…」

守護霊「ひーまー」

男「俺だって暇なんだけど」

担任「お、男じゃないか。なにやってんだ、こんなとこで」

男「なにって暇してるんです」

担任「あれ?クラスの方はいいのか?」

男「昨日準備終わったんですよ」

担任「おーそーかそーか。いやーすまんな、めんどくさくてさ」

男「正直すぎるのもどうかと思います」



456 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:14:05.15 ID:1RyB0yXh0
担任「あ、そうだそうだ、じゃあ役員の方滞ってるみたいだから手伝ってやってくれないか」

男「えーちょっとそれはないですよ…」

担任「いいじゃないか、役員にいい顔しとけば部活でいいことあるかもしれないぞ」

男「先生はもうちょっと教え子の情報把握しておいた方がいいです」

守護霊「帰宅部に生徒会が何をしてくれるんだかな」

担任「ははは、そーかそーか、すまんすまん」

男「…あの…先生」

担任「ん?なんだ?」

男「先生は奥さんいましたっけ?」

担任「ああ、いるぞー」

男「じゃあ…先生は奥さんと喧嘩したとき、どうやって仲直りしますか?」



457 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:18:09.49 ID:1RyB0yXh0
担任「どうやって…?そういえばどうやってるんだろ…」

男(ええー?)

担任「ウチの場合はな、次の日にはもうケロッとしてるよ」

男「え?謝るとかないんですか?」

担任「ああ。もちろん他のお宅は知らないけどな」

担任「俺たちはもう若くないからな。怒るのも疲れるんだ」

守護霊「結構いい加減な夫婦のようだな」

担任「俺のひとりよがりかもしれないけど、それは俺たち夫婦がお互いの欠点を認め合ってるからかもしれないな」

男「お互いの…欠点?」



458 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:24:03.32 ID:1RyB0yXh0
担任「そうだな。10代の交際と結婚を前提にした交際を区別するとしたら、相手のどこを見ようとするかなんじゃないか?
   若いうちは恋人の綺麗なところに惚れる。歳をとると相手の欠点を知る。
   それを認め、さらには好きになれたら、その夫婦が一番理想だろうな」

男「欠点を…認める…」

担任「まあ現実は我慢がほとんどだ。はっはっは」

男「先生も奥さんに対して我慢してらっしゃることってありますか?」

担任「ああ、あるぞー。でもな、人間はどんなものに対しても我慢を強いられる生き物だ。たとえ自分自身であってもな」

男「なるほど…」

担任「悩め悩め。ま、人生なんてどうにでもなるがな。あっはっはっは。生徒会の方は気が向いたらでいいからなー」


守護霊「あの男なかなかやるではないか」

男「そうだな。ちょっと見直したよ」

守護霊「ちょっと話の流れおかしかった気もするが」

男「それは言わないでおこう」



459 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:27:00.88 ID:1RyB0yXh0
キーンコーンカーンコーン



男「昼だ」

守護霊「昼だな」

男「今日は弁当の予定だったが」

守護霊「弁当はテーブルの上だな」

男「…」

守護霊(前は女が持ってきてたのにな…)

男「よし、購買行こう!中庭で食う」



460 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:29:51.37 ID:1RyB0yXh0
守護霊「この学校の購買は生徒の足元見て値段設定がコンビニ並じゃないか?」

男「あ」

守護霊「ん?」

男「明日の試作に出店やってるかもしれない」

守護霊「出店って高いけどつい買っちゃうよな」

男「いちいち水ささんでくれんかな」

守護霊「ん?おい男、あれ」

男「ん?どれ?……男友…?」



461 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:34:49.71 ID:1RyB0yXh0
男「お前出店でなにやってるの?」

男友「おお、男じゃないか!」

男「出店ってたしか運動部が主だったよな?」

男友「聞いてくれよ!さっきイベントの準備の手伝いに行ったらさ!可愛い子がいたから声かけたら柔道部の今井が来てさー」

男「あーあのやたらガタイのいい。で、そいつの彼女だったと」

男友「違うよ、そいつの妹でさー」

男「俺の妹にちょっかい出すんじゃねえと」

男友「そうじゃなくてー」

男「なんなんだよ」

男友「もういいよー」

男「じゃあいいか」

男友「聞いてこいよー!」

男「ええい!めんどうくさいやつだな」



462 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:36:43.14 ID:1RyB0yXh0
男「まあエライ目にあったと」

男友「まとめすぎだ」

男「イベント準備行かなくてよかった…」

男友「誘おうと思ったのにみつからねえんだもんな」

男「ところでその焼きそば、試し焼き?」

男友「これ?まあそうだな」

男「ようし、俺がもらおう」

男友「え?これは試しがてら俺の昼飯になる予定なんだが」

男「そう遠慮するなって」

男友「話がかみあってないよ」

男「じゃあなー助かったよー」



463 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:38:14.28 ID:1RyB0yXh0
男「うむ、外で食う飯はうまい」

守護霊「して、今後のご予定は?」

男「そうだなー腹いっぱいになったし寝ようかと」

守護霊「牛になるぞ」

男「もう牛でもいいや」



「-くん--くん-----きて--」


男「う…ん…?」

女「…おはよ。男くん」



464 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:40:46.94 ID:1RyB0yXh0
男「うむ、外で食う飯はうまい」

守護霊「して、今後のご予定は?」

男「そうだなー腹いっぱいになったし寝ようかと」

守護霊「牛になるぞ」

男「もう牛でもいいや」



「-くん--くん-----きて--」


男「う…ん…?」

女「…おはよ。男くん」



465 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:42:26.76 ID:1RyB0yXh0
失礼しました。またもやミスです(´・ω・`)



男「女ちゃん…」

女「女子ちゃんに聞いたんだ。男くんが探してたって」

男「…うん…約束…したし…」

女「…衣装のこと?」

男「…うん…」

女「えへへ…がんばって作ったんだよ。自信作なんだ。実はクラスのみんなにも見せてないの」

男「え?」

女「…男くんに一番に見て欲しくて…」

男「…そっか…」



466 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:45:31.21 ID:1RyB0yXh0
女「私ね、寂しかったんだよ」

男「…」

女「喧嘩してるのに男くんのこと嫌いになれなかった…
  一番そばにいて欲しい人がそばにいなくて、その人と喧嘩してて、すごく辛かった…」

男「女ちゃん…」

女「それで、どうしていいかわからなくて、男くんが別れようって言ったらどうしようって、毎日怖かった…
  だからね、男くんが仲直りしようって言ってくれったとき、すごく嬉しかったんだ…」

女「あの日…私が言わなかったこと、聞いてくれるかな…」

男「…うん…」

女「実はね…あの日の数日前に委員長男くんに告白されてたの…」



467 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:47:03.07 ID:1RyB0yXh0
男「え…?」

女「私たちが校舎裏で…してたの…見てたみたい…」

男(そういえば誰かいたような気がした…)

女「もちろん付き合えないって言いたかったよ。でもね、委員長男くんは私のたった一人の幼馴染なんだ。
  つらいことがあったときは励ましてくれたし、付き合いが一番長いから信頼してるの。
  だからもし私が断ったせいで委員長男くんが話してくれなくなったらって思ったら、正直に断れなかったの」

男(そういえば委員長男が途中抜けた日があったな…)

女「ごめんね…でも、男くんに話したらきっと委員長男くん傷つくと思って…」

男(…くそっ…なんであんなやつのことかばうんだ…女ちゃんと別れろなんて言ったやつだぞ…!!)

男「あいつは俺に」

守護霊「男、やめておけ。その話は今は必要ない。また女と喧嘩するつもりか」

男「……ごめん…なんでもない…」

守護霊「お前にとっては気にくわないかもしれないが、女にとっては確かに大切な友人なんだ。そう貶めてやるな」



468 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:49:33.01 ID:1RyB0yXh0
女「もうちゃんと断ったよ…でも…ごめんなさい…男くん、ごめんなさい…」

男「…もういいよ、女ちゃん」

女「男くん…」

男「もういいんだ…ありがとう…」


女子「あ、女ちゃーん、教室に集合だってさー」

女「うん、わかったー」


女「…じゃあ…男くん…またね」

男「うん」

女「衣装、あとで見せるね」

男「うん。楽しみにしてる」



469 名前:306[sage]:2009/08/04(火) 02:55:10.85 ID:1RyB0yXh0
守護霊「…」

男「…」

守護霊「男…ひとつ聞いていいか…?」

男「…なに?」

守護霊「ゲリライベントとやらには、参加するんだな?」

男「…たぶん…そのつもり…」

守護霊「じゃあ…フォークダンスも…するんだな…」

男「……たぶん…」

守護霊「男、お前は誰と踊るつもりだ…?」

男「…」


1・男「…やっぱり女ちゃんが好きなんだ…」

2・男「…わからないよ…」

>>452までで多かった方



度重なる安価ミスを脳内保管ありがとうございますw
今日はここまでにします。
ちょっと安価多いかもしれませんがよろしくお願いします。
あ、安価近かったら言ってください。
選択はあと1回だけにするつもりなので。



470 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/04(火) 08:14:02.91 ID:J8zkf3jd0
俺は1かな
471 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/04(火) 13:19:15.54 ID:8lkKJSS10
1
むしろ2の理由が解らない



477 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/04(火) 22:49:44.89 ID:buIXhbi00
>>471
ばかだなwww
守護霊は人に憑依して触れる事ができんだぜ?
たとえ外見は男友でも中の人は守護霊だぞ^^
いいかげんここでチャンスフラグ作んないと守護霊かわいそうだろ!
ゲリライベントの話を急にふった守護霊の気持ちを考えろお前らw
よって2!!絶対2!!断じて2!!



478 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/04(火) 22:58:26.08 ID:VZ0OaQsFi
>>477
えー、なんかそれ薄っぺらいなー
という訳で1



474 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/04(火) 15:24:45.00 ID:J8zkf3jdO
守護霊「それではわたしがせつめいします!!」
俺「ちょwガキってwこども守護霊ってw」
守護霊「人間の知能にあわせた守護霊がつくようになってます」
俺「…」 「こらっ!!」



475 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/04(火) 15:30:20.16 ID:Qj3kfh7Ji
>>474
それいいなww



484 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 00:49:46.33 ID:p98qXqvP0
また安価ミスしてましたね…すみません



男「…やっぱり女ちゃんが好きなんだ…」

守護霊「…そうか…」


委員長女「あ、男くんじゃないのー。もう前夜祭始まるから、一旦教室集合だよー」

男「あ、うん。ありがと…」

守護霊「よし!早く行くぞ、男!」

男「え?ああ、うん」

守護霊「悪かったな…しんみりさせてしまった」

男「…行こう」



485 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:01:32.53 ID:p98qXqvP0



委員長女「やっぱり先輩たちの劇はすごいねえ」
男友「そうだねえ」

委員長女「でもうちのクラスも負けず劣らずだねえ」
男友「そうだねえ」

守護霊「文化祭っていうのはこういうものなのか」

男「中学はこんな規模じゃなかったもんな」

男友「そういえばそうだな。もっとこじんまりささやかに開催されてたな」


アナウンス「前夜祭はここで終わりです。生徒のみなさんは下校の準備を始めてください」


委員長男「よーし、じゃあみんな、私たちは特にやることないから帰っちゃおうかー」



486 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/06(木) 01:05:51.54 ID:FepIYCpC0
なんだ書き溜めてないのかw
遅くて読む気なくす



487 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:06:31.71 ID:p98qXqvP0
>>486
ある程度は書き溜めてますが、同時進行なので…



男姉「おかえりー。遅かったじゃん」

男「ただいま。前夜祭だからね」

男姉「へー。どうだった?」

男「んー楽しかったよ」

男姉「ふーん」

男「…」

男姉「…」

男「…」

男姉「なに?」

男「ええ?姉貴がなんか用事あるんじゃないの?}

男姉「なによ、お姉ちゃんとお話がしたいの?」
男「いえ、結構です。もう部屋行くよ」



488 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:07:13.96 ID:p98qXqvP0
男「ふー」

守護霊「明日は当日かー」

男「そういえばどこ行くか決めてなかったな」

守護霊「行くところはたくさんあるだろう」

男「うん、まあそうなんだけどさ」

守護霊「なんだ?言いたいことがあるならちゃんと言うがいい」

男「うーん…なんていうか…たぶん祭りは準備が一番楽しい現象じゃないかと」

守護霊「当日になってないのにせっかちなやつだな」


~♪


男「あ、オルゴールか」

守護霊「うむ!」



489 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:09:51.40 ID:p98qXqvP0
守護霊「男がくれた…大事なオルゴールだからな…」

男「守護霊ってオマケでついてきたこっちばっか聞いてるよな」

守護霊「うむ、なんか好きでな」

男「そういえば美女と野獣なのにこれ知らない曲だな」

守護霊「なんだ、美女と野獣をやるのに曲も知らんのか」

男「ミュージカルじゃないし、カットもあるからな。なんて曲なのさ?」

守護霊「知らぬ」
男「え?」

守護霊「知らぬと言ったのだが」

男「聞こえてるよ。え?あの口ぶりで知らないとか言っちゃうの?」

守護霊「知らぬものは知らぬ。…でも…」

男「でも…?」



490 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:11:17.31 ID:p98qXqvP0
守護霊「なんだか、とても…心地いいいんだ…」

男「どういうこと?」

守護霊「わからんが…心の奥で好きになったというか…」

男「うーん…よくわからん…」

守護霊「すごく…好きなんだ…苦しいくらいに…」

男「………守護霊?」
守護霊「ん?ああ、んん?なんだ?」

男「あ、いや、なんでもない…」

守護霊「よし!もう寝よう!」
男「え?う、うん、そうだな」


守護霊「おやすみ」

男「ん、おやすみ」



491 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:13:39.55 ID:p98qXqvP0
男姉「おはよー」

男「おはよ」

男姉「早起きじゃん」

男「まあね。女ちゃんに頼ってばっかじゃいけないし」

男姉「その女ちゃんなんだけど」

男「うん」

男姉「来てるよ」
男「はあ!?」

男姉「ついさっき。今玄関で待ってるからさっさと行きな」



492 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:15:24.21 ID:p98qXqvP0
男「女ちゃん!?」

女「えへへ…おはよ、男くん…」

男「ちょっと待ってて!すぐ仕度してくるから!」

女「うん」



男「いってきまーす!」
男姉「いってこい!」



男「ごめんね、朝からバタバタしちゃって」

女「いいよ、全然気にしてないから。いつも楽しそうだね、フフ」

男「朝一緒に登校するの、久しぶりだね」

女「うん…ずっと心の整理つかなくて…実は委員長男くん断ったの、昨日なんだ」

男「…そうなんだ…」



493 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:17:20.95 ID:p98qXqvP0
男「…」

女「…」

男「…」

女「…」

男(沈黙が重い…)

男(前はもっとたくさん喋ってたと思うんだけどな…)

男(どうやって話したっけ…)

男(…ま、いつか元に戻れるよな)



494 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:19:55.33 ID:p98qXqvP0
女「学校、着いちゃったね…」
男「うん…」

女「フフ、前もこんな話したね」
男「あれ?そうだっけ」

女「うん…私たちが初めて…キスした日」

男「そういえば…」

女「…お化け屋敷…来てね…」



495 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:21:22.62 ID:p98qXqvP0
男「衣装見ないとね」
女「あ、そうだった!」

男「えー女ちゃん忘れてたの?俺楽しみにしてたのに」

女「あはは、ごめんごめん。じゃあ8時半頃空いてるかな?」

男「うん」

女「じゃあ私のクラスに来てね。本当は男くんに最初に見て欲しかったんだけど、私が忘れちゃったから…」

男「楽しみにしてるよ、女ちゃん」

女「うん!」

男「じゃあまたあとでね」
女「あとでねー」



496 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:23:24.25 ID:p98qXqvP0
男友「おーっす」
男「おーっす」

男友「男どこ回るか決めたか?」

男「いや、まだだな。行く先もなくブラブラする予定だ」

男友「んじゃあ一緒に回らね?」
男「おお、いいね」

守護霊「男2人で文化祭巡りとはなんともせつない響だな…」
男(だまらっしゃい)

担任「よーしおまえら全員来てるかー?今日は当日だ。怪我しない程度にはしゃげ。法律とか校則犯すならバレないようなー
   じゃあまずは掃除。特にトイレ掃除はしっかりやることー来客が使うからな」



497 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:24:41.25 ID:p98qXqvP0
男(えっと、女ちゃんのクラスは…)

女「あ、男くん!」

男「さっきぶり」

女「あはは、ちょっと待っててね、今着替えてくる!」



女「お…お待たせ…」

男「え?なんで隠れてるの?」

女「だって恥ずかしいもん…」

男「はは、自信作はどうしたのさ」

女「いざとなるとやっぱり恥ずかしいの!」



498 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:27:32.34 ID:p98qXqvP0
女「えと…ど、どうかな…」

男「おお、すごい雰囲気出てるよ!」
女「ほんと!?」

男「うん!血の跡とか破れ方とかリアルだし!」

女「よかったぁ…」

男「やっぱりメイクとかもするの?」

女「うん、するよー。男くんを泣かす勢いでやっちゃうからね!」

男「ははは、お手柔らかにね」

女「あー甘く見てると本当に泣かせちゃうよ!」



499 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:29:59.32 ID:p98qXqvP0
アナウンス「これより、第54回文化祭を、開催します」

男「あ、始まった」

女子「女ちゃん、準備するよー急いでー」

女「はあい。じゃあ男くん、またね」
男「あ、待って女ちゃん」

女「ん?なに?」

男「…いや、なんでもない。がんばってね」

女「ふふーん、任せて!」


守護霊「いいのか?」
男「何が?」

守護霊「こないだのデートの時に買ったもの」

男「んー……うん、いいんだ」



500 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:31:48.22 ID:p98qXqvP0
守護霊「私はおまえがときどきオバカサンなんじゃないかと思うんだ」
男「うっさいなー、いつ渡そうが俺の勝手だろ!」

守護霊「そういえばフォークダンスだって誘ってないだろ」
男「あーもう、ほっといてくれよ」

守護霊「……なあ、男…今空いてるか…?」

男「うん、空いてるよ。回るか?」
守護霊「うむ!」

男「どこか気になるところあるか?」

守護霊「ううむ…………あ、これ気になる!」

男「どれよ?」
守護霊「これこれ」

男「プラネタリウム…?」



501 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:33:33.49 ID:p98qXqvP0
男「天文部の出し物か。この教室は…3棟の1階だな」

守護霊「あっ!男、もうやってるぞ!」

男「うおっ!本当だ、急ぐぞ!」



守護霊「入り口が暗幕で何重にもなってるんだな」

男「光が差しちゃいけないからな」

守護霊「あ、暑くない」
男「そういえばこの教室空調あったっけ。だからか」



502 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:35:09.19 ID:p98qXqvP0
守護霊「おおおお」
男「おおおお」

守護霊「すごいな…」
男「ああ…すごいな…」

守護霊「…」

男「そういえばお前と星見るの初めてじゃないか?」

守護霊「そうだったか?」
男「違ったっけ?」

守護霊「ほら、流星群だーとか言って夜中に窓開けて…あ…あのとき男は私を知らなかったか…」

男「…そっか…おまえがいたのか…」



503 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:37:29.98 ID:p98qXqvP0
守護霊「ははは、あの夜は結局寝てたな」

男「そうそう、午前3時だっけか?まー健康な中学生は寝てるわ」

守護霊「風邪ひくかと思ったぞ。窓開けっ放しだったし」

男「え?ひょっとして布団かけてくれたの守護霊だったのか?」

守護霊「まあな。あのくらいなら気づかれないと思ったからな」

男「寝ぼけてからめとったのかと思ってた…ありがとな」

守護霊「うむ」

男「今度は本当の星空見るか。いいポイント知ってんだ」

守護霊「…うむ…」



504 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:39:50.43 ID:p98qXqvP0
男「えーっと、じゃ次どこ行くかな」

守護霊「ううむ…」

男「お、茶道なんてのもあるみたいだぞ」
守護霊「やめとけ、恥をかくだけだぞ」

男「俺にも心はあるんだぞ」

守護霊「こっちの軽音とやらはどうだ?」

男「軽音の発表場所狭いんだよなあ」

守護霊「ああ、そういえば防音性や音響の関係から狭くて暑い部屋しかなかったっけか」

男「お、もう昼だな。じゃあ喫茶店とか行くか」
守護霊「おお!じゃあ私ここがよいぞ!」



505 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:41:59.77 ID:p98qXqvP0
男子生徒「あらぁん、いらっしゃいませぇ。こういうお店、初めてかしらん?」

男「おい」
守護霊「なんだ?」

男「どういうことだこれは」
守護霊「うむ、ちょっと興味があってな」

男「店の近くに来ただけで工作員顔負けの拉致をされたぞ」

守護霊「一人できたからそういう人と思われたのかもな」

男「ああ…早くこの空間から出たい…」



506 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:43:20.36 ID:p98qXqvP0



男「はあ…」

守護霊「男すこし痩せたんじゃないか?」

男「体感時間2時間くらいいたような気分だよ」

守護霊「明日はここ行こうな」

男「コスプレ喫茶…お前は俺をどうしたいんだ」

守護霊「だって行ったことないじゃないか」
男「行ったことあってたまるか!」

守護霊「こうしてひとつひとつ思い出が重なっていくんだな…」
男「こんな思い出増えても恥ずかしいだけだろ!」

男友「お、男じゃん、誰かそこにいんの?」



507 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:45:46.37 ID:p98qXqvP0
男「え!?男友!?」

男友「なんでそんなに慌ててんだ?まさか…お前女ちゃん以外に…!?」
男「いやいやいや!!いないよ!誰もいないよ!」

男友「え…?誰もいないのか…?それはそれで派手な独り言言ってたお前が心配なんだが…」
男「嘘嘘嘘!いる!ここにもう一人いるんだ!」

男友「本当にお前が心配になってきた…」
男「だいたいなんでお前がこんなとこにいるんだよ!」

男友「一緒に回ろうって言ったろ?メールも送ったし…まあ確かに『こんなとこ』ではあるな…女装喫茶でお前こそなにやってんだ」

男「その…興味本位というか…」

男友「女装喫茶に…興味があっただと…?」



508 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:47:12.22 ID:p98qXqvP0
男友「まあもうそのことへは干渉しねえよ。誰にだって…踏み荒らされたくない領域はあるよな…」

男「わかってくれたか…いや実際何もわかってないんだけど、とにかくありがとう」

男友「ところでお前どっか行ったか?」

男「んーまだプラネタリウムだけだな」

守護霊「女装喫茶はカウントしないんだな」

男友「じゃあさ、女ちゃんとこのお化け屋敷行こうぜ!」

男「お化け屋敷かーおまえ野郎と行って楽しいのか?」

男友「だって委員長女さんガード固いんだもん…」

男「そりゃ気の毒に…」



509 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:53:23.28 ID:p98qXqvP0
男友「っっというわっけでぇー!やってきましたー!」
男「やってきましたー!」

守護霊「これが文化祭のテンションか…」

男友「で、どうするよ。2人で行くか、1人で行くか」

男「どっちにしても悲しいばかりだな…」

男友「バカヤロウ…言うなよ…じゃあ男先行けよ!」

男「何?なんで?お前怖いの?」
男友「怖くねーよ!だったら先行ってやらあ!」

守護霊「なんともお約束で扱いやすいやつだな」

男「じゃあ俺は後からお前の悲鳴をたっぷりと聞きながらゆっくりと行くことにするよ」



510 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:55:27.13 ID:p98qXqvP0
男友「いやあああああああああ」

男「おーやっとるやっとる」

ガンッ!

男友「うっが!いてええ!」

女友「あちゃーびっくりしてどっかにぶつけちゃったかな」

女子「一応救急セット用意しとこうか」

女友「特別介抱しちゃうー?」

女子「えーなにそれー?文化祭だからって積極的すぎでしょー」

女友「だよねーアハハハ」

守護霊「男友にも運がむいてきたかもな」
男(残念ながらたぶんない)



511 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:57:14.80 ID:p98qXqvP0
女子「じゃそろそろ入ってくださーい」
女友「いってらっしゃーい」



守護霊「お化け屋敷にしてはなんとも気の抜けた送り方だったな」

男「つか結構作りこんでるな…なんでこんなに寒いんだ…」

守護霊「おまえは頭ぶつけないといいな」

ピタッ…

男「おおおおう!!なんか触った!冷っとしてて柔らかいなにかが触った!」

お化け「助けてくれえええええええ!」
男「うおおおおお!!」

男「うわあ!壁がなんかぬるぬるする!なんだこれ!?なんだこれ!?」

ガタンッ!!
男「なんか音がした!!なんかくる!絶対なんかくる!!」

守護霊「う~ら~め~し~や~」

男「うん」

守護霊「もっと反応して欲しかった…」

男「お前そんなんで驚くと思ったの?」

守護霊「さっきまでのお前は幻想か?」

ガシッ!

男「だからさあ、足首なんか掴んでも…」

守護霊「…え?」
男「…え?」



         「う…ら……め…し…や…」


男「…!!!」
守護霊「…!!!」



ぃいやあああああああああああああああ!!!



512 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 01:59:21.79 ID:p98qXqvP0
女「ひどいよー男くん、驚きすぎてちょっと傷ついたんだからねー」

男「いやあ…想像以上の出来にびっくりして…」

男友「こっちが情けなくなるくらいの悲鳴上げてたな」

男「俺はどこもぶつけてないがな」

女子「男友くんは大丈夫?」

男友「うん!おかげさまで」

女子「そっかーよかったよかった」

男友(おい男!これってひょっとして脈アリってやつか!?)
男(たぶん違うと思う)

女友「あ、そだそだ。2人ともアンケート書いてもらえる?」

男「あ、うん」
守護霊「星5つあげざるをえないな」



513 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:01:53.66 ID:p98qXqvP0



アナウンス「一般公開終了の時刻になりました。本日はありがとうございました。ご来校の皆様は、交通に気をつけてお帰りください」



守護霊「発表って一般公開じゃないじゃないか。姉はどうする」

男(どうせ体育館暗くしちゃうからわかんないんだよ)

守護霊「なるほど」

男友「これから中夜祭か。男どうする?」

男「うーん、どうすっかなー。なんかめんどくさいんだよな」

男友「俺も。教室行ってみるか」

男「そだな。ついでにちょっと練習してくか」

男友「あーそうか、明日はもう本番だっけか」

守護霊(ついに明日か…)



514 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:03:38.84 ID:p98qXqvP0



アナウンス「一般公開終了の時刻になりました。本日はありがとうございました。ご来校の皆様は、交通に気をつけてお帰りください」



守護霊「発表って一般公開じゃないじゃないか。姉はどうする」

男(どうせ体育館暗くしちゃうからわかんないんだよ)

守護霊「なるほど」

男友「これから中夜祭か。男どうする?」

男「うーん、どうすっかなー。なんかめんどくさいんだよな」

男友「俺も。教室行ってみるか」

男「そだな。ついでにちょっと練習してくか」

男友「あーそうか、明日はもう本番だっけか」

守護霊(ついに明日か…)



515 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:04:54.77 ID:p98qXqvP0
またやってしまった…orz



ガラッ

委員長女「やあ、遅かったね、お二人さん。もうみんなの準備はできてるよ」

男「え?みんなって…」

男友「まさかクラス全員じゃないですよね!?」

委員長男「そんなわけないだろ。舞台の中心になる人だけ集まってもらったんだ」
男「…」

男友「なるほどねー」

委員長女「今いるのは進行に欠かせない人たちだよ。中夜祭が終わったら全員来るはずだよ」

委員長男「じゃあ準備が終わったみたいだから俺は体育館の方に顔出してくる。委員長がいないのは問題だからな」

委員長女「はいはーい。いってらっしゃーい。さて!始めようか!!」



517 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:07:43.75 ID:p98qXqvP0



アナウンス「中夜祭が終わりました。生徒のみなさんは…」

委員長女「お、終わったみたいだね。じゃあみんな来るかな」

委員長男「ただいま。ところでみんな、家の人の許可はとってあるか?」

「もっちろん!」
「うちはダメだったよ。でも帰ってくるならいいってさ」
「なんかドキドキするね!」
「こういうのやってみたかったんだよな!高校の文化祭って感じだよな!」

男「えーと…委員長女さん、俺のところに連絡網が回ってないようですが」

男友「俺もなんだが…」

委員長女「あれー?メールしなかったっけ?今日は泊まるよー!」

男「え?」
男友「え?」
守護霊「え?」



518 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:09:13.81 ID:p98qXqvP0
男「どうして?別に遅れてるわけじゃないよね?」

委員長女「そだよー」

男友「じゃあなんで…」

委員長女「なんでって…おもしろそうだからに決まってるでしょ!」

「今委員長がいいこと言った!」
「バレるリスクがまたいいんだよな!」

委員長女「ほら、私たち文化祭でみんな仲良くなったと思わない?たとえば、敬語」

男「あ…そういえば…」

委員長女「だから、もっと仲良くなっちゃおうってことで!」



519 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:11:55.17 ID:p98qXqvP0
男友「ん。ん。わかった。サンキュ!ウチ大丈夫みたいだよー」

男「あ、俺も聞いてみないと」


プルル…プルル…ガチャ

男姉「許す!たっぷり楽しんで来い!」


男「…」
守護霊「…」

男「いいみたいです」

委員長女「よかったー」

守護霊「さすがとしか言えないな」



520 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:14:03.46 ID:p98qXqvP0
委員長男「じゃあ各自食事をとって銭湯に行ったらまたここに集合」

ガラッ

担任「…」

委員長女「…あちゃー…」

担任「ったくおまえらはー。今日だけだぞー。法律違反しないなら宿直の時間とコース教えてやる」

「おおおおお!!」
「先生見直した!」
「先生大好き!」

担任「調子いいやつら」



担任「じゃ、そういうことだ。俺以外の先生に見つかるなよー」

男友「あの人あんなにいい先生だったのか」

男「俺は知ってたよ」

守護霊「…」



521 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:15:41.98 ID:p98qXqvP0



男友「なあなあ、男。なんかオラワクワクしてきたぞ!」

男「とびきりZENKAIパワーで明日を迎えようじゃないか」

守護霊「…」

男友「やっぱ文化祭っつったらこれだよな!!」

委員長女「ねえねえ、佐藤くんと北村さんいなくない?」

男「なにっ!」

男友「おおおお!テンション上がってきた!!これだよ!高校の文化祭ィ!」

守護霊「…」

男(…守護霊、どうした?)

守護霊「…帰りたい…」



522 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:18:12.39 ID:p98qXqvP0
男(え?)

守護霊「家に帰りたい…」

男(なんでだ?どっか悪いのか?)

守護霊「あのオルゴールが聞きたい…」

男(じゃあ今から取りに行こうか?)

守護霊「そうではない…」

男(なんなんだよ)

守護霊「お前と2人きりで聞きたいのだ…」

男(え…)

守護霊「…」

男(………ほら、それなら明日の夜だって聞けるだろ?明後日も明々後日も一緒なんだし)

守護霊「………今日、2人きりになりたい…」



523 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:20:21.74 ID:p98qXqvP0
男「悪い、ちょっとトイレ行ってくるわ」

男友「いちいち報告せんでも…」



守護霊「わがままなのはわかってる。でも…お願いだ…」

男「どうしたんだよ。なんかわけでもあるのか?」

守護霊「…言えない…」

男「…」

守護霊「…」

男「…はあ、今年だけだぞ!」



524 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:22:48.25 ID:p98qXqvP0
守護霊「本当か!?」

男「本当だよ」

守護霊「ありがとう…本当に申し訳ない…」

男「本当だよ…」

守護霊「うっ…ハッキリ言われると…」

男「はは、冗談だよ、冗談。世話になってるみたいだし。それより言い訳考えないとな…」



男友「えー!?マジ!?お前帰るの!?」

男「ああ、悪い!」

男友「なんでさー!空気読めよ!せっかく担任も共犯になってくれたのに!」

男「いやあ…なんていうか…家庭の事情ってやつ?」

男友「家庭の事情ね…まーそれならしかたないけど…来年は絶対泊まれよ!!!」



525 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:25:34.47 ID:p98qXqvP0



守護霊「お前は幸せ者だな」

男「なんだよ突然」

守護霊「あんな風に思ってくれる友人がいることが羨ましかっただけだよ」

男「…家にはなんて説明しよう…」


男姉「はあ!?担任にバレた!?バッッッッカじゃないの!?」

男「はあ…まあ…」

男姉「信じられないわー。せっかくお姉さまがお母さんを説得してやったのに」

男「すみません、ほんとすみません」

男姉「この上明日の劇がひどかったら野次とばすからね!」



526 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:28:27.34 ID:p98qXqvP0



~♪~

守護霊「フフフ」

男「なんだよ」

守護霊「やっぱりお前は幸せ者だと思ってな」

男「…」

守護霊「男」

男「なに?」

守護霊「……そばへ行ってもいいか?」

男「俺一応彼女いるんだけど」

守護霊「そうカタいこと言うな」



527 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:30:58.84 ID:p98qXqvP0
守護霊「男」

男「…なに?」

守護霊「…幸せになるのだ」

男「今幸せ者だなって言ったじゃん」

守護霊「もっとだ。もっと幸せになってくれ…」

男「…がんばるよ。明日は早く学校に行かなきゃいけないし、もう寝よう」

守護霊「うむ…」

男「おやすみ」

守護霊「おやすみ…男…」



528 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:32:40.50 ID:p98qXqvP0
守護霊「おい、男、起きろ。そろそろ学校行った方がいいんじゃないのか」

男「ふぁ…7時か…そうだな、そろそろ行くか」

守護霊「男」

男「なに?」

守護霊「おはよう」

男「ん?ああ、おはよう」



男「いってきまーす」

男姉「おら行ってこい!しっかり練習して私を爆笑させなさい!」


男「無茶苦茶だ…」



529 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:36:09.67 ID:p98qXqvP0
担任「おう、お前らおはよう。昨日は誰にも見つからなかったか?」

委員長女「へへー。おかげさまでー」

担任「そうか、そりゃよかった。今日はおまえらの発表だ。俺はめんどくさくて練習来なかったが…」

(ええー…)
(やっぱり…)

担任「おまえらががんばってたのだけは知ってる。だからしっかりやれよ!今日も掃除からだ」



男友「よう。今日どうする?」

男「そうだなー見たいのは昨日あらかた回ったし」
男(守護霊はもう行きたいところないか?)

守護霊「ああ、昨日堪能させてもらったからな。今日はもういいぞ」

男友「そういえば今日ゲリライベントじゃん!」

男「あ、そういえばそうだな」



530 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:38:18.00 ID:p98qXqvP0
男友「相手見つけないと…」

男「イベント中に見つけるとか」

男友「いやー文化祭中に仲良くなってイベントで親睦を深めたいというか」

男「ああ、気持ちはわかる」

男友「そんなわけで今日はパートナー探してるわ」

男「ん?委員長女さんは諦めたのか?」

男友「……だって…」

男「告白しなきゃ真剣さが伝わらないんじゃないか?」

男友「そうかなあ」

男「文化祭中はテンション上がってるしひょっとするかもしれないよ」

男友「そうか…よし!今日1日かけてがんばってみるわ」

男「おう」



531 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:40:12.16 ID:p98qXqvP0
男「さてどうしたもんか…」

守護霊「おまえこそ女を誘わなくていいのか?」

男「そうだなー」

委員長女「あ、そうだ、今日午後から最終チェックするから教室に集合してね!」

男「あ、うん。了解」

守護霊「タイムリミットは昼までか」

男「昼までねえ…」



532 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:42:26.34 ID:p98qXqvP0
守護霊「おい」

男「ん?」

守護霊「もう昼だぞ」

男「そうか」

守護霊「そのたこ焼き食べてさっさと行け」

男「うん、でもなんか気まずいっていうか…」

守護霊「そんなこと言ってる場合か。十分仲直りできてたろ!…あ」

男「ん?」

女「あ、男くん!」

男「女ちゃん…」



533 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:44:30.05 ID:p98qXqvP0
女「男くん…今日のイベントの話…聞いた?」

男「うん」

女「じゃあ…フォークダンスのことも…聞いた?」

男「…うん」

女「もしよかったらなんだけど…男くん」

男「待って」

女「え?」

男「俺に言わせて」

女「…うん…」

男「女ちゃん、フォークダンス」

委員長女「邪魔してごめん!男くん!大変なの!」



534 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:46:20.02 ID:p98qXqvP0
男「え?どうしたの、委員長女さん」

委員長女「大道具の脚が壊れちゃって今直してるんだよ!人手が足りないから今すぐ教室にきてくれないかな!」

男「えっと…」

女「私はあとでいいよ。早く行ってあげて」

男「…ありがとう!」



男友「おお、来たか!」

男「うわっ!こりゃひどいな…」

男友「ああ、バランスが悪かったみたいで倒れるとき脚が絡まってこの有様みたいだ」

男「小道具も巻き添えくってるな…間に合うかな…」

男友「間に合わせるんだよ!」



535 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/06(木) 02:47:00.63 ID:FepIYCpC0
いろいろ乙なんだけど>>306って高校時代こんな経験したの?
俺はしなかったあえて避けてきたね、くだらなくてさw

>>306の文章見てたらなぜか高校時代を思い出したw
なんか反吐が出る感じがリアルで面白いよ!

頑張って!





536 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:49:49.36 ID:p98qXqvP0
>>535
反吐が出るてwwwww
避けるまではしかなったけど無難にすごしましたw
ありがとうございます、今日はもう少しで終わりです



委員長女「ふう…どうにか間に合ったね…」

男「この時間なら2回通せるか通せないか…」

委員長男「みんな、もう時間がない。すぐ持ち場についてくれ」

委員長女「さあ準備はいいかい?いくよー!最後の練習だと思って!用意…」



アナウンス「第54回文化祭は、これにて終了します。ご来校の皆様、大変ありがとうございました…」



委員長女「みんな…ついにこの時がきたよ…!!」

男友「なんかあっという間だったなあ…」

男「全部終わってから言おうぜ」

委員長男「じゃあ運ぶ物をどんどん運んでいこう。時間がないぞ」



537 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:51:26.64 ID:p98qXqvP0


司会「次の発表は、美女と野獣です。準備ができるまで少々お待ちください」


男友「うー、緊張するなあ」

男「がんばろうぜ。あんだけ練習したんだ。大丈夫だよ」

委員長女「そうだよ!さっきもうまくいってたし大丈夫だよ!ほらほら、円陣組も、円陣」

委員長女「よーし!いくよー!」



「おお!!」



守護霊「男」

男(ん?どうした?)



538 名前:306[sage]:2009/08/06(木) 02:55:32.97 ID:p98qXqvP0
守護霊「ひとつ…聞きたいことがある…」

男(それって…先週の土曜日に言いかけた…)

守護霊「うむ…」

男(…うん…)

守護霊「男…今、お前が本当に好きなのは…誰なんだ…?」

男(………俺は…)


1・男(今は…守護霊が好きなんだと思う)

2・男(…俺やっぱり女ちゃんが好きだ)

>>545までで多かった方!
今日はここまでです。
545までいったあと少し書きためてできるだけ変な文章にならないよう努力したいのでまた投稿少し遅れると思います。
いろいろおかしいところがあるかもしれませんが、ひとまず黙認してください><



539 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/06(木) 02:57:55.06 ID:FepIYCpC0
>>306乙

う~ん・・・1だと面白そうだから1にしとくかw
もっと反吐感溢れるものを期待しておりますw
言葉汚いけどこれでも応援してるから頑張ってw




540 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/06(木) 02:58:29.28 ID:r/Yke+n/O
2



541 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/06(木) 02:58:55.38 ID:X+qlZSAm0
支援2



542 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/06(木) 03:00:42.09 ID:p98qXqvP0
1で



543 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/06(木) 03:55:32.51 ID:eQ533rEWO
しかねーべ



544 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/06(木) 07:19:26.04 ID:QkRH5kE30
しかないだろ



545 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/06(木) 11:33:42.31 ID:NUzydcYSO




548 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/06(木) 19:27:41.76 ID:Agnew5J+O
1で姉さんに取り付いた守護霊とはぁはぁ



554 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/07(金) 11:18:50.98 ID:K65L2AmcO
>>548
それいいな!



556 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:27:54.52 ID:r+HZeRU10
男(………俺…今は…守護霊が好きなんだと思う)

守護霊「…」

男(ずっと女ちゃんが好きだったから、女ちゃんを好きでいると思うのがクセみたいになってたのかもしれない)

男(でも、俺本当はきっとお前が好きなんだと思う。この3週間、お前には助けられてばっかだったよな)

守護霊「私が助けたのは…守護霊だからで…」

男(そうじゃないんだよ。落ち込んでるときとか、困ってるときとか、そういう時そばにいてくれたのは守護霊だろ)

守護霊「…女だってきっとそうした…」

男(そうかもしれない。でも俺は自分で選んだ未来でお前を好きになった。守護霊が好きなんだ)

守護霊「………そうか…ありがとう…でも、お前は触れられる女と幸せになれ」

男(え?おい、それってどういう)

委員長女「男くん、始まるよ!ほら舞台に行って!」

男「わっ!(守護霊、あとでちゃんとどういうことか聞かせろよ!)」



557 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:30:16.36 ID:r+HZeRU10
男(あ、女ちゃん…最前列か…前に出すぎだよ………げ、姉貴…マジで来てるし…)

男(…)

男(ップ…フフフ、ははは本当に来るとかないだろ、ははは)

男(お、いい感じにほぐれてきた)

男(うし、やるか!)






558 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:32:40.85 ID:r+HZeRU10



男友「私は…いつの日からかあなたを愛していました」
守護霊「…」

男「ありがとう。私はこの日を待っていたよ。お前のその気持ちが私の呪いを解いたのだ」

男友「ずっとあなたのそばに…いさせて下さい」
守護霊「…」

男「ともにあろう」


守護霊「…そろそろか…」



委員長女「うんうん、いい感じだよー! 」

委員長男「…ん?委員長女さん、最前列の照明なんかグラついてない?」

委員長女「あれ…?ほんとだ…」



559 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:33:42.19 ID:r+HZeRU10


   コーーーン…

男(ん?ネジ?)





  「あぶないっ!!!」



男「!!! 照明が!!!!」



560 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:36:09.76 ID:r+HZeRU10
委員長男「女さん!!!逃げて!!!」

女「え…?」


ビュウウウウ…ビイン!!!


委員長女「辛うじてワイヤーが耐えた…」

女友「女!!逃げて!!」

女「…腰が…」


ギリギリ…


女「抜けて…」


ブチブチブチッ!!


女「立てない…」




ガシャーーン!!!







562 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:38:10.99 ID:r+HZeRU10



~♪~

男「…」

~♪~♪~

男「う…ん…?」

~~♪~

男姉「男!!?」

男「姉…貴…?」

男姉「えっと、こういうときどうすればいいんだろ、とりあえずナースコールと…」

~♪~

男姉「あ、そうだ、先生呼んでこなきゃ!母さんも!ちょっと待ってな!」



563 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:40:11.69 ID:r+HZeRU10


男「慌しいなあ…」

男「…」

男「病院…か・・・?」


男母「男!!」

男「母さん…」

男母「よかった…気がついたのね…本当によかった…」

男(目の下にえらいクマできてるな…)

男「えっと…なんか記憶なくてさ…何があったんだっけ?」

男母「あら…そうなの…お母さん、その場にいたわけじゃないからよく知らないけど、女ちゃんをかばって怪我したらしいのよ」

男「…女ちゃんをかばって…?………!!」



564 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:42:10.06 ID:r+HZeRU10
男「母さん!女ちゃんは無事なの!?」

男母「ええ、女ちゃんは大丈夫よ」

男「じゃあ劇は!?俺たちのクラスの劇!!」

男母「…お母さん、男のことばっかり心配してたからそっちはわからないわ…」

男「………そう………ここはどこ?あれから何日経ったの?」

男母「ここは町からずいぶん離れた病院よ。脳のことはここの方がいいらしいから町の病院で応急処置だけ受けて
   ここへ搬送されたの。もう1週間は経つわ」

男「1週間…!?」

医師「失礼しますよ」

男母「あ、先生」

医師「意識が戻ってなによりです。また検査をしたいので体調を整えておいてくださいね」

男「あ…はい…」



565 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:44:10.47 ID:r+HZeRU10
医師「ではお母さんはこちらへ」

男母「はい。じゃあ男、ゆっくりするのよ」

男「うん、わかった」



男姉「ったく…お姉さまを1週間もこんな田舎に拘束して!安く済むと思わないことね」

男「うん、なるべく早く治すよ」

男姉「当然でしょ!あ、そうそう、女ちゃんと男友くんに連絡しておいたわ」

男「うん」

男姉「検査もあるけど日曜日だし、明日来るって言ってたわ」

男「そう、サンキュ」

男姉「あー…安心したら急に眠くなってきた」



566 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:45:56.26 ID:r+HZeRU10
男「そういえば姉貴、このオルゴール持ってきたの誰?」

男姉「ああ、あんたが搬送された後、私が一旦家に帰って必要なもの取りに行ったときついでに持ってったのよ。
   ここんとこそれよく聞いてたでしょ?」

男「うん…」

男姉「それにしても男がこんなマイナーな曲聞いてるとはねー」

男「え?姉貴この曲知ってるの?」

男姉「ディズニーオタクをナメてるわね…?」

男「いや、それ初耳なんだけど…」

男姉「この曲はね、美女と野獣の曲で、上映時間やストーリー展開の都合上やむなくカットされた幻の曲なのよ」

男「へえ。で、この曲のタイトルは?」

男姉「Human Again」



567 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:48:11.61 ID:r+HZeRU10
男「Human Again…」

男姉「そう。魔法で家具にされた城の人たちが人間に戻ることを夢見て歌った曲よ」

男「…」

男姉「ふぁ…ちょっとコーヒー飲んでくるわ」

男「ん、わかった」



男「それでお前この曲が好きだったのか…」

男「………」

男「………守護霊?」



568 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:50:12.95 ID:r+HZeRU10
男「おい守護霊、返事しろよ。いるんだろ?」

男「………」

男「………なんだよ…」



守護霊『男がくれた…大事なオルゴールだからな…』

守護霊『わからんが…心の奥で好きになったというか…』

守護霊『すごく…好きなんだ…苦しいくらいに…』


守護霊『お前は女と幸せになれ』



男「………どこ行ったんだよ…バカ…」



569 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:52:13.37 ID:r+HZeRU10
男母「ただいま」

男「ん」

男母「意識は戻ったけど、一応しばらくは動かない方がいいみたい。今日はもう夜だしこのまま寝なさい」

男「1週間寝てたんだけどな」

男母「夜型じゃ生活リズム崩れるでしょ!ほら、眠くなるお薬もらってきたから飲みなさい」

男「うーん…」

男母「お母さんたちも今夜は泊まってくわ。明日は検査の時間にひとまず帰って、いるもの持ってまた来るわ」

男「わかった」

男母「じゃ、おやすみ、男」


守護霊『おやすみ』


男「………おやすみ…」



570 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:54:13.83 ID:r+HZeRU10



男友「男ー!やっと目が覚めたんだってなー!」

男「ああ、悪かったな、心配したか?」

男友「そりゃまあ。検査終わったのか?」

男「ああ、さっき終わったとこ。今日はどうやって来たんだ?」

男友「女ちゃんのお母さんに乗せてきてもらったんだ。今はお前のお母さんと話してるみたいだけど」

女「………」

男「女ちゃん?」

女「…っく…うっ…」

男「どうしたの?」



571 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:56:09.70 ID:r+HZeRU10
女「…ひっく…だって…もし私のせいで…っく、男くんがお姉ちゃんみたいになったらって…うっく…思ったら…」

男「…女ちゃん…」

女「…ごめんなさいっ…!…ごめんなさいっ…!」

男「はは、いいんだよ。生きてるんだしさ。それにせっかく助けたんだからもっと違う言葉言ってほしいな」

女「…うっく…男くん…ありがとう…ううっ…」

男友「…席、はずそうか?」

男「…ああ」



男「………女ちゃん、大事な話があるんだ…」



572 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 00:58:12.72 ID:r+HZeRU10
男「…こんな時に言うのはよくないかもしれないけど、後回しにしたくないんだ」

女「……っう……なに……?」

男「………俺、女ちゃんとは付き合えないんだ」

女「え………?なんで?やっぱり私うっとおしかった?重荷だった?」

男「そうじゃないんだ。俺がいけないんだ…」

女「………どういうこと…?」

男「女ちゃんと付き合ってるうちに、もっと大事な人を見つけたんだ…」

女「………え?嘘……」

男「その人と付き合うっていうのはできないかもしれないけど、本当に好きな人なんだ…」

女「やだ…やだよ、別れたくないよ!私足りないところあったらがんばるし、だめなとこがあったら直すよ!だから…」

男「ごめん…もうそういうことじゃないんだ……最低なこと言ってるのはわかってるけど…わかってほしい…」

女「………」

ダッ!



573 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:00:10.62 ID:r+HZeRU10
男友「男、今女ちゃんすごいスピードで走ってったけど…」

男「…」

男友「……お前、やっぱりあの子が好きだったのか…」

男「え…?」

男友「黙ってたけどさ、俺視える人なんだ」

男「え?え?視えるってどういうことだ?」

男友「幽霊とか……守護霊とか」

男「!!」

男友「別に隠すつもりじゃなかったんだけど、わざわざ話すことでもないと思ってさ。聞かれなかったし」



574 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:02:11.22 ID:r+HZeRU10
男友「最初はびっくりしたよ。守護霊がついてるのに守ってないんだもん」

男(ああ…あの時か…)

男友「かと思ったらまた守り始めて、久々に会ったら守護霊代わってるじゃないの」

男「ちょっとまて!!今の俺に守護霊はいるのか!?前のやつと違うのか!?」

男友「あれ?見えてないの?」

男「………ああ、あいつはなんでだかある日突然見えたんだ…」

男友「なるほどね、じゃあ前の子が消えたらしき原因もわからないわけだ」

男「男友、なんか知ってないか?」

男友「んーそうだな、俺の守護霊に聞いたことある内容じゃたぶん不可変運命の歪曲かな」

男「なんだそれ?」



575 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:04:09.78 ID:r+HZeRU10
男友「不可変運命については聞いたみたいだな。それを守護霊が変えることはできないって言われたろ?」

男「ああ」

男友「できるっちゃできるんだよ。ただし、守護霊としての力を全部使っちゃうことになるんだけどな」

男「全部使ったらどうなるんだ!?」

男友「うーん…そこまでは知らないなあ…でもたぶん守護霊としては消滅するんじゃないか?」

男「そんな………」

男友「たぶんだけど………男の前の守護霊は、女ちゃんを救うことでお前を救ったんじゃないか?」

男「え?」

男友「女ちゃん、最前列より前ってくらい前に来てたろ?あれはお前をよく見るためだと思うんだ。付き合ってるわけだしな」

男(付き合ってた…だけどな…)

男友「それで照明があの高さから一気に女ちゃんに直撃したらどうなると思う?」



576 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:06:17.32 ID:r+HZeRU10
男友「で、どうせお前のことだから自分が女ちゃんと付き合ってさえいなければ…!
   とか守りきれなかった…!って後悔することになったんじゃないか?」

男(俺が女ちゃんと別れれば女ちゃんは必要以上に前に来なかった、危険も避けられた…)

男友「そこで守護霊は不可変運命を捻じ曲げて、照明をワイヤー1本で吊るしたんだ」

男「それで俺が女ちゃんを助ける時間ができたわけか…」

男友「ま、お前の不可変運命はお前の守護霊しかわかんないから本当かどうかはわかんないけどな」

男「…でもそれなら照明を落とさないこともできたんじゃないか?」

男友「運命を無理矢理変える代償は守護霊1人じゃ足りないってことなんだろうな…」

男「ところで、なんで俺はあいつだけ見えたんだ?」

男友「うーん………それも正確なことはわかんないけど…守護霊がどうしてもいやだと思ったんじゃないか?
   もしお前が鬱病にでもなって手首切って死ぬような不可変未来があったとしたら、そりゃ変えたくもなるだろ?」

男「…そうか………悪い…ちょっと整理する時間くれ……」

男友「ああ、わかった。じゃあ俺は女ちゃん探してくるよ。お前はゆっくり休んどけ」

男「ああ…サンキュ…」



577 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:08:14.74 ID:r+HZeRU10



男(なんか嫌だな、こういうの…)

男(死んだ人についてあの人はこうだった、ああだったって話してるみたいだ)

男(……気分が悪い、寝ようかな……)


コンコン


男「はい」

「失礼します…」

男「えっと…どちら様でしょうか…?」

「初めまして、女の母です」



578 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:10:46.35 ID:r+HZeRU10
男「えっ…?」

女母「この度は娘を助けてもらって本当にありがとうございます」

男「あ、いや、そんな。当然ですよ」

女母「怪我の方は大丈夫ですか?」

男「ええ、1週間も寝てたんで」

女母「そうですか…よかった………あの、大変厚かましいお願いかもしれませんが、これからも女と仲良くしてもらえますか…?」

男「ええ!もちろんですよ!」

男(………)

女母「本当にすみません、ありがとうございます」

男「いえ…こちらこそ……」



579 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:12:10.53 ID:r+HZeRU10
女母「それにしても驚きました。まさか男さんがこの病院にいらっしゃるなんて…」

男「え?それってどういうことですか?」

女母「女の姉もこの病院にいるんです」

男「ああ…」

女母「あの子から事情は聞いたようですね…多感な時期に混乱させることをしてしまいました…」

男「………」

女母「でも、姉もつい最近意識が戻ったんです」

男「本当ですか!?それはよかったですね!」

女母「ええ、ありがとうございます。でも学んでもいないのに高校生の勉強がわかったりして
   ちょっと心配なんですけどね」





581 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:14:11.10 ID:r+HZeRU10
女母「あら、そういえば女と男友くんはどこに行ったのかしら」

男「……さっきおばさんと入れ違いで出て行ったところですよ」

女母「本当?ごめんなさいね、お見舞いに来たのに。ちょっと探してきますね」

男「はい」



女「男くん、さっきは取り乱してごめんね…」

男「ううん、いいんだ。俺こそごめん…」

女「まだ気持ちの整理はつかないけど…今までどおり接してくれるかな…?」

男「女ちゃん…うん、ありがとう」

女「じゃあ…行くね…」

男「うん…」


女母「もういいの?」

女「うん。行こう」



582 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:16:12.50 ID:r+HZeRU10
男「夜か…」

男「母さんと姉貴遅いな…」

男「ちょっと屋上に出てみるかな」



看護婦「あら、男さん屋上に何か用ですか?」

男「ええ、ちょっと気分転換に」

看護婦「うーん…もう閉めようと思ったんですけど……ちょっとだけですよ?」

男「はは、すみません」

看護婦「じゃあちゃんと気分転換してきてくださいね」



583 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:18:11.15 ID:r+HZeRU10
ギィ…

男「うわっ!寒っ!この季節でも夜は寒いんだな…」


男「…おお…」

男「すげえ星空…」



男『今度は本当の星空見るか』

守護霊『…うむ…』



守護霊『家に帰りたい…』

守護霊『………今日、2人きりになりたい…』



男「……あの時お前はもう消える決意をしてたんだな………」



584 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:20:10.80 ID:r+HZeRU10
守護霊『……う、うらめしや』

守護霊『私は触りたかったなあ…』

守護霊『フフ、これがいいのだ。野獣さん』

守護霊『カッコよかったぞ』

守護霊『大好きだ』



男「守護霊…」


男「…ずっと…あなたのそばにいさせて下さい」

「ともにあろう」

男「!」



585 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:22:11.62 ID:r+HZeRU10
…美女と野獣」

男「よくご存知ですね」

「………」

男(暗くて顔が見えないな…)

男「えっと…どちら様でしょうか…?」

「………クスッ」

男「?」



「ありがとう。私はこの日を待っていたよ。お前のその気持ちが私の呪いを解いたのだ」



fin



586 名前:306[sage]:2009/08/08(土) 01:27:49.48 ID:r+HZeRU10
これで終わりです。
長い間つたない文章に付き合ってくれてありがとうございました。
>>1さんの素材がすごく好みだったんで途中から書かせてもらいましたが
登場人物の喋り方とか、状況描写、心理描写、場面転換などなど
細部にわたって終始まとまりきらなかったの申し訳ないです。
もうちょっと守護霊の墨汁とかふんだんに使えばよかったなあと反省してます。





591 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/08(土) 03:25:56.76 ID:OBXbzMU90
乙!そこに繋げるとは思わなかった!あなたが続けてくれた事に感謝!



592 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/08(土) 03:59:25.89 ID:BjovJy2mO
国語が4のうんこです

最後に出てきた人物は女の姉かつ元守護霊で良いんだよな?

仮にそうだとしても男はどちらを選ぶんだ?



601 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/08(土) 17:03:51.39 ID:qcpQi+gwi
>>592
もしもしからすみません。
女の「今までどおり接して」がややこしかったかもしれませんが
これは「今までどおり気軽に」と解釈してください。
余談ですが、>>8で女が男についてあいまいな魅力を感じたのは
小さい頃自分を助けてくれた守護霊(女姉)の影響があることにさせてもらいました。
もし読み直した人がいたら「なるほどなー」と思えるとうれしいです。




602 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/08(土) 18:07:31.87 ID:W/lBGOFa0
>>601
なるほどなー
しかし良い終わり方だった、お疲れ様
ついでにオルゴールの曲は大体こんなだったのではないかと↓
ttp://j-ken.com/category/all/data/218855/



603 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/08(土) 18:37:37.12 ID:Ii+/taolO
作者交代しても、要所要所で前の作者の安価分岐いれてなんかよかったです!お疲れ様でした!



604 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/08(土) 21:07:05.37 ID:/vIPwX3t0
終わりが投げてなくてよかった!
いい終わり方!
久々にハッピーエンドのSS読んでスカッとした!
気分がいいね!こういうの!



605 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/08(土) 21:46:50.44 ID:BjovJy2mO
>>601
解説ありがとう
俺、頑張るよ

>>594
最後の一言に勇気を貰った
ありがとう



606 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/09(日) 01:07:19.03 ID:cZrvVtaR0
ギャルゲ風SSか



607 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/09(日) 07:37:22.35 ID:7rQNfqUh0
その後談とか書いて欲しいとか思ったり



608 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/09(日) 10:42:02.79 ID:ocggNO1xO
夕べから一気読みして眠むー
いやー面白かったww

女姉=守護霊は、意識無く入院ってとこから予想してた
最後、女が可哀相・・もうちっと、幼なじみがフォローするとか、あってもよかった気がしたかな

女と守護霊、どちらを選ぶのか、天空の花嫁みたくて面白かったよ

こんなスレに出会えるのもVIP落ちたおかげww
+のみなさんあんがと



609 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/09(日) 11:57:52.34 ID:ZwK0qSHLO

かなり楽しかったぜ
出来れば後日談とか希望します



610 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 01:40:06.02 ID:9sdF2G8x0
どうも、ずっとチラチラ見せてもらいましたw
こんなにレスつくと思ってなかったです、ありがとうございます。

後日談希望っていうレスがいくつかあるようですが、ぶっちゃけ後日談はうまくまとめれるかどうか自信がないです。
書いたとしてもあんまり長くは書けないと思うんで、たぶん本当に気持ち程度になると思います。
それでも後日談風な何かは需要ありますか?



611 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/10(月) 01:43:38.09 ID:d34A0i6Q0
>>610
あるにきまってんだろJK



615 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 21:32:53.97 ID:9sdF2G8x0
じゃあせっかくなんで後日談書かせてもらいます。
ここから先は完全に俺の暴走なので「止めときゃよかったのに…」と思う方は見ない方がいいかもしれません。
守護霊はそのまま名前として守護霊のままです。



616 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 21:34:57.61 ID:9sdF2G8x0
守護霊「おい男、起きろ。朝だぞ」

男「ふぁ…朝か」

守護霊「うむ、おはよう」

男「おう、おはよう」

男「………」

守護霊「………どうした?」

男「なんでお前がここにいるの?」

守護霊「そりゃお前の守護霊だからな。お前の母と姉にちゃんと許可をもらったぞ」

男「え?ああ、うん。というか、え?いやそうじゃなくて」

守護霊「なんなんだお前は。せっかく接吻でもしてやろうと思ったのに」

男「ちょっと待て。いろいろ待て。おい待てって言ってるだろ、ちょ、おい守護霊!!」



617 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 21:38:20.73 ID:9sdF2G8x0
男「………」

男「夢すか…」

男「デジャヴ…」


男姉「あらおはよう男」

男「おはよ」

男姉「今日ってなんかあるの?」

男「べつに何もないけど。なんで?」

男姉「いや、久々の登校なのに余裕だなあと思って」

男「え?………ヤッベ!!8時半!?」

男姉「ほらトースト。まったく、成長しないねー」

男「サンキュ、行ってきます!!」



618 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 21:42:00.50 ID:9sdF2G8x0
男「15分で間に合うかな…わっ!」

ドンッ!

男「いって…すみません、大丈夫ですか?」

守護霊「いたた…お、触れる」

男「守護霊かよ」

守護霊「守護霊かよとはなんだ!まったく!トーストなんて咥えて遅刻しそうになってるから曲がり角で転校生とぶつかるんだぞ!」

男「はは、いや悪い悪い」

守護霊「では私は行くぞ!職員室に顔出さねばならんからな!」

男「おう。…え…?転校生…?………いやまさかな」



619 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 21:43:25.97 ID:9sdF2G8x0
男「ハァーッ!ハァーッ!」

男友「よう男、1週間ぶりだな。そんだけ元気ならもういたわる必要はないな」

男「ハァーッ…ハア…ハア…現場復帰初日から…エライ…ハードだ…」

委員長男「やあ男くん!!」

男「ハア…ハア…男…くん?」

委員長男「入院大変だったね。勉強はずいぶん進んでるから、わからないところがあったら僕に聞くといい」

男友「僕…?」

男「委員長男、悪いが俺は今非常に疲れているんだ…その身の毛もよだつような喋り方をやめてくださいませんでしょうか?」

委員長男「おっと、これはすまなかったね、はっはっは。それでは男くんを疲れさせてしまってはかわいそうだ。
     僕はこの辺で失礼するよ」



620 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 21:45:53.27 ID:9sdF2G8x0
男「男友、委員長男も女ちゃんを助けようとして頭打ったのか?ずいぶん深刻なようだが…」

男友「いや、お前と女ちゃんが別れたってのを聞いたらしいんだ…」

男「なるほど…それは鬱陶しい」

委員長女「やあ男くん!久しぶりー」

男「ひさしぶり、委員長女さん」

男友「おはよー」

委員長女「いやー後夜祭は私感動しちゃったよ、女ちゃんを助けるために危険を承知で飛び込むとはね…」

男「あー…うん…」

委員長女「おっと、不謹慎だったかな?ごめんね。悪気があったわけじゃないけど気を悪くしたなら謝るよ」

男「ははは、もう謝ってるよ」

委員長女「おや、本当だ。あははは、失礼失礼。でもみんな見直してたよー。一部の女子からはモテモテだったり…」



621 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 21:47:53.92 ID:9sdF2G8x0
男「そんな、からかわないでよ」

委員長女「本当だよー?でもこの2週間は男くんの話題で持ちきりだったなー」

男「え?どんな?」

委員長女「いやー私も詳しくは知らないんだけど、女ちゃんを庇って怪我までした割に結局別れたとか」

男「うぐっ」

委員長女「その上病院で知り合った女の子と両思いだとか」

男「うぐっ!」

委員長女「しかもその女の子が女ちゃんのお姉さんだとか」

男「うがっ!」

委員長女「さらに…」

男「委員長女さん、もう結構です…」



622 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 21:49:33.77 ID:9sdF2G8x0
委員長女「あれれ?私また失言したかな?」

男友「いやー、大ダメージですな」

男「こうかはばつぐんだ」

委員長女「ありゃりゃ、ごめんねーでも」

男「悪気があったわけじゃないんでしょ?」

委員長女「あはは、そうだよー!それにただの噂なんだし、あんまり気にすることないよー」

男「うん、ありがとう委員長女さん」

男友「情報ってのはどこから漏れるかわからんな。俺も今のうちにハード整理しとくかな」

男「そういえば文化祭出し物ランキングってもう出たよね?どうたった?」




623 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 21:51:52.12 ID:9sdF2G8x0
委員長女「あーあれねー、うちのクラスはトラブルもあったけど、あのシーンまでの運びを見て審査してもらったんだ」

男友「まあオチがないってのは結構なハンデだけどな」

委員長女「それでも総合4位だったんだよー!上級生を差し置いての4位!十分じゃあないですか!」

男「それはすごいね!なんかクラス替えするのが惜しいくらいだ」

委員長女「フフフ、そだねー。でもきっと3人とも同じクラスになれるよ!あ、委員長男くんも入れてあげないとかわいそうかな」

男友「いやーあいつはいいや。お断りします」

担任「おはよーおまえらー。ホームルーム始めるぞー。お、男はやっと退院してきたか」

男「はい、ご心配おかけしました」

担任「おう、じゃ今日からまた1週間めんどくさいけどがんばってくぞー。あ、その前に、転校生の紹介だ」



624 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 21:53:30.35 ID:9sdF2G8x0



女「絶ッッッ対!!納得いかない!!」

男「そう言われても…」

守護霊(ずっと夢で見てた女の子を好きになって、眠ってる間の私も同じようにして男のことを好きになり
    偶然病院で出会って恋に落ちたなんて言われても信じないだろう。今時小説でもないぞ)

男(だってお前が10年間ずっと俺の守護霊やってきたって方が信じられないだろ)

女「ちょっと!男くん、お姉ちゃん聞いてるの?ちゃんと説明してよ!」

男「うーん…」

守護霊「うーん…」

男友(なんで俺もこの修羅場にいるんだろ…)

委員長男(そんな女さんが可憐だ…)



625 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 21:55:59.89 ID:9sdF2G8x0
女「そんな説明じゃ私男くんを諦められないよ!」

男友「えーと…女ちゃんあのね」

男(男友!まさか事実を話すのか!?)

守護霊(それはあまりにも無謀な挑戦だぞ!)

男友「女ちゃんのお姉さんは、男の元守護霊で」
女「もー!またそんなこと言ってー!いいもん!もう1回男くんを振り向かせてみせる!ちょっと委員長男くん来てっ!作戦会議!」

委員長男「喜んでお手伝いします女さん!!」

男「…」

守護霊「…」

男友「…」

男「なんか文化祭終わってからあの2人やけにキャラ変わってないか?」

守護霊「うむ…なんていうか極端な性格になったな」



626 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 21:57:58.18 ID:9sdF2G8x0
男友「女ちゃんはなんだかんだで男が帰ってきて嬉しいんだよ。委員長男はお察しの通りだろうし」

守護霊「ふむ」

男「お前こそそんなキャラだったっけ?」

男友「でもたぶん女ちゃんは次第にお前から離れてくんじゃないか?」

男「え?なんで?」

男友「女ちゃんがお前に感じてた曖昧な魅力は、守護霊ちゃんの影響があるからかもしれないからさ。
   事情は聞いたよ。幼い頃に守られた感覚をお前伝いで無意識に感じ取ってたのかもな」

男「…」

男友「ま、それでも女ちゃんがお前を好きだって気持ちはやっぱりあったんだろうな」

男「そうか、サンキュ」



627 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 22:00:04.42 ID:9sdF2G8x0
男友「おっと、もうこんな時間か」

男「なんかあるのか?」

男友「ああ、彼女待たせてるんだ」

男「何ィ!!」
守護霊「何ィ!!」

男「お前どんなミラクル起こしたんだ!?誰だその物好きは!?」

男友「おい、しまいにゃ怒るぞ。女子ちゃんだよ、お化け屋敷で会ったろ?実は手当て受けてて、イベントで踊ったんだよ」

守護霊「あの娘か…文化祭は盲目になるな…恐るべし…」

男友「お前ら揃いも揃って…まあそういうことだ。そいじゃなー」



628 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 22:03:12.19 ID:9sdF2G8x0
男「俺たちも帰るか」

守護霊「うむ」

男「いやーそれにしてもこの1週間驚きっぱなしだったよ」

守護霊「そうだな」

男「男友から守護霊が消えたって言うからびっくりしたんだけどな、まさか本体に戻ってたとは」

守護霊「心配してくれたのか?ん?ん?」

男「ノーコメント」

守護霊「けちんぼめ…フフ、しかし同じ病院とは傑作だったな」

男「女ちゃんの姉とも思ってなかったよ」

守護霊「その上同じ学校になるとも思ってなかったろ?」

男「それはひょっとしたらひょっとするかもって思ってた」

守護霊「学校は私が選んだのだぞ」

男「やっぱりな。それでも同じ学年になるなんてね」



629 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 22:05:51.75 ID:9sdF2G8x0
守護霊「ずっとお前に憑いてきたんだ、当然学力はお前の学年程度に決まってる」

男「教室が同じになるのは?」

守護霊「希望はしてた」

男「つまり偶然だったと」

守護霊「いや、違うな」

男「?」

守護霊「不可変運命」

男「なるほど」

守護霊「もちろん全部」

男「はいはい」



守護霊「男」

男「ん?」

守護霊「お前と食べたいものがある」

男「まかせろ。近くにスーパーがある」



終わり



630 名前:306[sage]:2009/08/10(月) 22:10:51.32 ID:9sdF2G8x0
これで後日談も終わりです。予告通り本当に気持ち程度で収まってしまいました(´・ω・`)
おもいっきり蛇足だったかもしれませんが、もし!もしも万が一!楽しめた!という人がいたら嬉しや。

>>602
あーそうかもしれませんw
美女と野獣のセリフ調べてたら偶然「コレいいじゃん!1さんまさかここまで見越して…」
とこっそり感動してたりしましたw
なので曲は原曲しか聞いてなくてオルゴール版は実は想像してなかったですw





632 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/11(火) 00:09:01.80 ID:HzqMY3TL0
>>629
パイの実ですな

読んだよ~二人とも乙でした!!



641 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/11(火) 23:45:22.75 ID:oynBijs1O
ROM専門の俺が、原作者と現作者に感想述べたい。
面白かった。そしてお疲れ様でした。

明日はラブホで飲み会です。



650 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/14(金) 03:49:51.80 ID:iEKicAgNO
>>568あたりで目から汁が…

いやー…
この作品に出会えて良かった!!
作者さんありがとう!!
そして睡眠時間を返してくださwww
あと携帯からずっと読んでたから親指痛ぇ…

気になるんだが、作者さんの職業ってなんなの!?
これで飯食ってかないの!?



651 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/14(金) 09:48:19.61 ID:ugiUwYJt0
>>650
マジレスすると、作家という稼業は成功率が低くてな……
能力があっても、運がないと……



652 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage]:2009/08/14(金) 11:38:41.02 ID:/pck1uVtO
いま駅で美女と野獣のミュージカルの広告のキヤッチフレーズみてマジ泣いた

―真実の愛だけが、運命を変えられる。―



653 名前:306[sage]:2009/08/14(金) 11:52:27.15 ID:gIaYUIFq0
>>651
俺浪人生ですwwww
残念ながら
>>650
の言うとおり作家なん職業は俺程度じゃできないですww


>>652
おおーそれはすごい…
1さんはやっぱりその辺も考え美女と野獣をチョイスしたんでしょうか
なんにしてもすごく続き書きやすかったですw




654 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/15(土) 02:44:29.24 ID:yompyvvq0
何だコレ! 第2部ねーのかよゴルァ



655 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[]:2009/08/15(土) 02:56:49.10 ID:HgN1SP3z0
2部を求む! 

管理人コメント:2部期待


←面白いと思ったらクリックお願いいたします。
はてなブックマーク - 守護霊「辞めさせていただきます」 [ 2009/08/15 20:46 ] SS | TB(0) | CM(0)
お気に入り記事
移転しました。
柴犬速報はこちらに移転しました。

http://shibasoku.livedoor.biz/
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
当ブログについて
INFOMATION
○2009/11/28
移転準備中

○2009/10/19
ベア速
VIPワイドガイド
常識的に考えた
と相互リンク、RSSをしていただきました。有難うございます。

○2009/10/04
万(よろず)箱
に記事を紹介していただきました。有難うございます。

2chlife
と相互RSSをしていただきました。有難うございます。

○2009/10/01
朝目新聞
に記事を紹介していただきました。有難うございます。

○2009/09/29
YouTubeニコニコ日和
と相互RSS、リンクいたしました。有難うございます。

○2009/09/29
うるさい黙れ(`;ω;´)
と相互RSS、リンクいたしました。有難うございます。

○2009/09/26
アップルアンテナφ(゚∀゚c⌒っ彡
にRSS回収をしていただけるようになりました。
有難うございます。

○2009/09/25
なし2
より記事の紹介をしていただきました。
オタク.com
と相互リンクいたしました。有難うございます。

○2009/09/24
音楽業界を目指す学生
千年後の君と
ニュース速報 BIP
おんこちんNEWS
と相互RSS、リンクいたしました。有難うございます。

○2009/09/23
V速ニュップ様より
サイトの紹介をしていただきました。有難うございます。
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。